前川健一の象がバンコクを歩いていたころ

バンコクにも空があった vol.004

写真左端、ぎりぎりに見える小さな白い階段が、サイアムスクエア。

バンコクから空が消えたのは、高架鉄道BTSのせいだ。高架の高速道路のせいでもある。

BTSの工事が始まると、「全都駐車場」と呼んでいたバンコクの渋滞がさらにひどくなり、1日1カ所の移動で終わるというありさまだった。大量の本を買い、きょうはタクシーで帰ろうと思ったが、あまりの渋滞ぶりにタクシーをあきらめて、8キロの本を手に3キロの道を歩いたこともある。もちろん、歩いた方が早く着いた。

だからBTS完成はうれしいのだが、空が狭くなった。バスの窓から見えるバンコクは、道路上のBTSのせいで、うす暗く、視界が狭くなった。「あれ、ここはどこかな?」とバスの窓からあたりを見回すことが多くなった。逆に言えば、BTSの高い視点からバンコクを眺められるという利点もあるのだが、昔を知る私は、あっけらかんで、いつも太陽に射られ、雨に打たれていたバンコクが、ちょっと懐かしくなる。


前川健一の1枚の写真で振り返る ー 象がバンコクを歩いていたころ
古いポジフィルムから蘇る記憶。今はああだけど、昔はこうだった。タイの新旧を写真とともに振り返るコラム。
まえかわ・けんいち 2003年から2018年までダコ本誌にて『前川通信』を連載。特集からコラム、広告までをも辛口の批評をくれているダコ名誉顧問ライター。『タイ様式(スタイル)』(講談社文庫)など著書多数。また、旅行人HP(www.ryokojin.co.jp)にエッセイ「アジア雑語林」を連載中。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 野外写真屋 vol.010
  2. 自動販売機 vol.009
  3. 屋台 vol.007
  4. 建設中 vol.008
  5. 序章 街の象 vol.001
  6. 路面電車 vol.006

オススメ記事

  1. スタイリッシュかつ多機能! 大人の男のための贅沢カバン【TUMI TAHOE FINCH バックパックコレクション】
  2. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP