前川健一の象がバンコクを歩いていたころ

野外写真屋 vol.010

カメラ付きケータイが登場するのはこの10年後。それまでこの商売が続いたのだろうか?

場所は王宮前広場。男は写真屋なのだが、ケータイが登場して以降の世代には理解できない商売だろう。

かつて、どこの国でも写真が貴重だった時代がある。カメラが高価で、貧乏人には手が出なかった時代があった。この写真を撮った1990年、タイでもコンパクトカメラはある程度普及していたが、だれでも持っているわけではなかった。これもスマホ世代には理解できないだろうが、カメラを持っていてもフィルムを買わないといけないし、現像やプリント代もかかるから、ぜいたく品だった。

王宮前広場の写真屋は、人間プリクラ機という存在だっただろう。友人や家族がここに来た記念に、「写真を撮ろうか」というときの利用法だった。故郷に送る写真でもあった。

料金前払い制。出来上がった写真は、再びここに取りに来るか、郵送だ。

本当に送ったのかどうかは知らない。信用するしかないのだろう。


前川健一の1枚の写真で振り返る ー 象がバンコクを歩いていたころ
古いポジフィルムから蘇る記憶。今はああだけど、昔はこうだった。タイの新旧を写真とともに振り返るコラム。
まえかわ・けんいち 2003年から2018年までダコ本誌にて『前川通信』を連載。特集からコラム、広告までをも辛口の批評をくれているダコ名誉顧問ライター。『タイ様式(スタイル)』(講談社文庫)など著書多数。また、旅行人HP(www.ryokojin.co.jp)にエッセイ「アジア雑語林」を連載中。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 屋台 vol.007
  2. バイク・タクシー vol.005
  3. 序章 街の象 vol.001
  4. プーカオ・トーン からの眺め vol.002
  5. 建設中 vol.008
  6. 野外写真屋 vol.010

オススメ記事

  1. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  2. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP