タイ料理

浮遊する青白き光 「ワン・ヒンホイ」

6月まで食べられる「土」のコース。メインは3品から選べる

 

夏は夜。灼熱の日差しを奮った太陽が姿を消すと、この世は闇に包まれる。

RCAにほど近い高架下の道路沿い、漆黒の建物はまるで夜に溶けているようだ。重厚な扉をギィーと開くと、濃厚な土と緑の香りが鼻を抜ける。視界は暗い。震える足で一歩、また一歩。そして奥の小部屋の、扉を開く――。

ワーーーーッ!! 目の前に現れたのは、不規則に浮遊する小さな無数の青白い光。人魂……ではなく「蛍」だ。

 

 

「ワン・ヒンホイ」は18カ月の期間限定レストラン。店内の中庭には、豊かな生態系の自然が再現され、300匹以上の蛍を見ることができる。

ここでいただけるのは、世界の四大元素「地・水・風・火」をテーマにしたコース料理。テーマは4カ月ごとに変わり現在は「地」。料理も器も内装も、そして店内の香りまで(!)、テーマに合わせて変わる。先に18カ月の期間限定といったが、4テーマ×4カ月で16カ月、残り2カ月は総集編だという。18カ月とは蛍の一生の時間だそうだ。

 

一推しのトムヤムクンもコースに含まれる

 

コースはタイ料理だが、調理法はフレンチ。アヒルのコンフィやトムヤムクンなど、特にソースやスープにこだわっていて、どれも48時間煮込んでいるとか。たしかに濃厚で食べ応え充分。この雰囲気と味で、この価格はお手頃と感じた。

「夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる」。日本でもバンコクでも失われた原風景を見ながら、一夜の宴はいかがだろうか?

Wang Hinghoi

場所:ガムパーンペット・ソイ7、RCAそば
時間:19時~24時 無休
電話:09-1979-6226
FB:WangHingHoi
料金:5品コース料理2400B(税サ別):前菜、スープサラダ、選べるメイン、デザート。4カ月ごとにメニュー変更。アラカルトメニューもあり。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Prayraya01 白亜の一軒家で南タイ 「プラーイ・ラヤー」
  2. 【昼食】新定番!「Jim Thompson Restaurant…
  3. 1 イサーン料理×居酒屋のコラボ!? 「Raan-Keng」
  4. 【夕食】タイ料理の過去・現在・未来 「Siam Wisdom」
  5. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】チェンマイ料理:103食目:
  6. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】マン・チュアム (イモのシロップ…

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  5. タイ初!日本人オーナーのオーダーメイド店「MODENA」 ~ジャパンクオリティでも低価格な知る人ぞ知る店を実体験〜

PAGE TOP