青澤直子のよもやま話

「まったり、ふわふわ」が ひとりでも気軽に プーパッポン vol.007

プーパッポンカレー

プーパッポンカレー

まったり、ふわふわ。味の表現はいろいろありますが、だれもが同じような反応をしてしまうおいしさがあります。初めてプーパッポンカレーを食べ た時には、蟹の炒め物なのか卵料理なのかカレーなのか、タイ料理なのか中華料理なのかと戸惑いながら、この言葉を連発していました。こんな贅沢な ものをいつでも食べられるタイの食の豊かさにも感激しました。

考えてみると、カレー粉と卵と蟹という日本人の大好物が揃っていますから、魅了されないわけがないのです。そこにナムプラーやナムプリック・パ オ(唐辛子味噌)、ココナッツミルクなどがバランスよく入って、しっかりタイを感じさせてくれます。刺激的なタイ料理とは違う包み込むようなやさしさで、タイ人の懐の深さがあらわれている料理のように思えます。

ただ、豪勢な蟹がドーンと出てくるのは圧巻ですが、高価で量も多く、一人で気軽に食べられないのが悩みです。さらに不器用で不精な人には、殻を 剥くのがちょっと大変です。もっと気軽に食べたいと、どれほどの人が願ったでしょう。まさかレトルトで食べられる日がくるとは驚きです。あのまったり、ふわふわをしっかり詰め込んだヤマモリの心意気に脱帽です。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 米の代わりに細いパスタを使った和風パエリア「とんこつフィデウア」…
  2. 小麦粉の代わりにタロイモでヘルシーに「お好みタロ焼」《野菜ソムリ…
  3. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  4. 素材の色と味を活かす お料理上手になろう 「炊き合わせ」《野菜ソ…
  5. 432(yamamori)for-Banner 今や日本の国民食に レトルトが普及の決め手 「麻婆豆腐」vol.…
  6. 野菜をガツガツと食べたい人におすすめ 「パワーサラダ」《野菜ソム…

オススメ記事

  1. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  5. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」

PAGE TOP