青澤直子のよもやま話

「まったり、ふわふわ」が ひとりでも気軽に プーパッポン vol.007

プーパッポンカレー

プーパッポンカレー

まったり、ふわふわ。味の表現はいろいろありますが、だれもが同じような反応をしてしまうおいしさがあります。初めてプーパッポンカレーを食べ た時には、蟹の炒め物なのか卵料理なのかカレーなのか、タイ料理なのか中華料理なのかと戸惑いながら、この言葉を連発していました。こんな贅沢な ものをいつでも食べられるタイの食の豊かさにも感激しました。

考えてみると、カレー粉と卵と蟹という日本人の大好物が揃っていますから、魅了されないわけがないのです。そこにナムプラーやナムプリック・パ オ(唐辛子味噌)、ココナッツミルクなどがバランスよく入って、しっかりタイを感じさせてくれます。刺激的なタイ料理とは違う包み込むようなやさしさで、タイ人の懐の深さがあらわれている料理のように思えます。

ただ、豪勢な蟹がドーンと出てくるのは圧巻ですが、高価で量も多く、一人で気軽に食べられないのが悩みです。さらに不器用で不精な人には、殻を 剥くのがちょっと大変です。もっと気軽に食べたいと、どれほどの人が願ったでしょう。まさかレトルトで食べられる日がくるとは驚きです。あのまったり、ふわふわをしっかり詰め込んだヤマモリの心意気に脱帽です。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ヤマモリ すき焼きのたれ 「豚すき焼き丼」レシピ
  2. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》大小さまざまな…
  3. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》白だしあんかけ…
  4. 437(yamamori)for-Banner 体にもいいネバネバを 思いっきり楽しもう 「オクラ納豆素麺」vo…
  5. 454(yamamori)for-Banner 麺つゆで蘇る、あの頃の味 「思い出のサラダうどん」vol.031…
  6. 446(yamamori)for-Banner タイ産の粉と白だしで 手軽においしく作れるように 「明石焼き」v…

オススメ記事

  1. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  2. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】

PAGE TOP