青澤直子のよもやま話

「まったり、ふわふわ」が ひとりでも気軽に プーパッポン vol.007

プーパッポンカレー

プーパッポンカレー

まったり、ふわふわ。味の表現はいろいろありますが、だれもが同じような反応をしてしまうおいしさがあります。初めてプーパッポンカレーを食べ た時には、蟹の炒め物なのか卵料理なのかカレーなのか、タイ料理なのか中華料理なのかと戸惑いながら、この言葉を連発していました。こんな贅沢な ものをいつでも食べられるタイの食の豊かさにも感激しました。

考えてみると、カレー粉と卵と蟹という日本人の大好物が揃っていますから、魅了されないわけがないのです。そこにナムプラーやナムプリック・パ オ(唐辛子味噌)、ココナッツミルクなどがバランスよく入って、しっかりタイを感じさせてくれます。刺激的なタイ料理とは違う包み込むようなやさしさで、タイ人の懐の深さがあらわれている料理のように思えます。

ただ、豪勢な蟹がドーンと出てくるのは圧巻ですが、高価で量も多く、一人で気軽に食べられないのが悩みです。さらに不器用で不精な人には、殻を 剥くのがちょっと大変です。もっと気軽に食べたいと、どれほどの人が願ったでしょう。まさかレトルトで食べられる日がくるとは驚きです。あのまったり、ふわふわをしっかり詰め込んだヤマモリの心意気に脱帽です。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ヤマモリのグリーンカレー 若い唐辛子の個性が光る グリーンカレー vol.004
  2. 437(yamamori)for-Banner 体にもいいネバネバを 思いっきり楽しもう 「オクラ納豆素麺」vo…
  3. ヤマモリのトムヤムクン ハーブ各種の効能と共に タイ料理の真髄を味わう トムヤムクン v…
  4. 438(yamamori)for-Banner あの懐かしい家庭の味を 異国でもしっかり再現 「チキンカレー」v…
  5. 04tyamamori_yellow-curry その食に歴史あり インドの影響で生まれた イエローカレー vol…
  6. ヤマモリしょうゆ工場 ヤマモリ工場見聞録【後編】 しょうゆ工場 ヤマモリ(タイランド…

オススメ記事

  1. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  4. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」

PAGE TOP