青澤直子のよもやま話

ハーブ山盛り タイ料理シリーズ vol.003

ヤマモリのタイフード

タイ料理の時代が来ました。過去に何度かあったエスニックブームとは違う流れが来ていると感じます。コリアンダーやホーリーバジルが日本でパク チーやガパオというタイの名前で呼ばれるようになっています。

タイ料理の魅力を知る人たちは、ブームにのったエスニック風料理ではなく、
本当のタイ料理をもっと手軽に食べたいと願っていました。ですから、 タイ料理を供する側には妥協が許されず、本場の味を届けるための努力がされてきたに違いありません。

ヤマモリのタイフードシリーズは、そんな多くの人の思いが形になった商品です。便利なレトルトの中には、厳選されたタイの食材を使ってタイで 作ったまさに本場の味が詰まっています。明治時代の醤油づくりからずっと食と真剣に向き合ってきたヤマモリらしいこだわりを味わうことができるでしょう。

それにしても、タイ料理の魅力とはなんでしょう。そんなことを考えながらパッケージを眺めていると、それだけでハーブやスパイスに包み込まれるようなしあわせな気持ちになります。そこにヒミツが あるのでしょうか。

これから野菜ソムリエとしてその魅力をさぐり、紹介してまいります。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 重ねて華やか、ごまドレでいただく「キャべ豚ミルフィーユ」《野菜ソ…
  2. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  3. ごまドレにちょっとひと工夫!「満腹ガドガドサラダ」《野菜ソムリエ…
  4. ちょっとしたアイデアで 家庭でもフュージョン料理「和風カプレーゼ…
  5. 04tyamamori_yellow-curry その食に歴史あり インドの影響で生まれた イエローカレー vol…
  6. 01yamamori_products バンコク在住の野菜ソムリエが語るタイカレー&タイフードよもやま話…

オススメ記事

  1. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  5. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP