青澤直子のよもやま話

ハーブ山盛り タイ料理シリーズ vol.003

ヤマモリのタイフード

タイ料理の時代が来ました。過去に何度かあったエスニックブームとは違う流れが来ていると感じます。コリアンダーやホーリーバジルが日本でパク チーやガパオというタイの名前で呼ばれるようになっています。

タイ料理の魅力を知る人たちは、ブームにのったエスニック風料理ではなく、
本当のタイ料理をもっと手軽に食べたいと願っていました。ですから、 タイ料理を供する側には妥協が許されず、本場の味を届けるための努力がされてきたに違いありません。

ヤマモリのタイフードシリーズは、そんな多くの人の思いが形になった商品です。便利なレトルトの中には、厳選されたタイの食材を使ってタイで 作ったまさに本場の味が詰まっています。明治時代の醤油づくりからずっと食と真剣に向き合ってきたヤマモリらしいこだわりを味わうことができるでしょう。

それにしても、タイ料理の魅力とはなんでしょう。そんなことを考えながらパッケージを眺めていると、それだけでハーブやスパイスに包み込まれるようなしあわせな気持ちになります。そこにヒミツが あるのでしょうか。

これから野菜ソムリエとしてその魅力をさぐり、紹介してまいります。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  2. 04tyamamori_yellow-curry その食に歴史あり インドの影響で生まれた イエローカレー vol…
  3. 448(yamamori)for-Banner 重ねて華やか、ごまドレでいただく「キャべ豚ミルフィーユ」vol.…
  4. ヤマモリのグリーンカレー 若い唐辛子の個性が光る グリーンカレー vol.004
  5. タイにいても日本の節句を思い出して「春爛漫ちらし寿司」vol.0…
  6. 460(yamamori)for-Banner 白だしを使えばいつもより上品な仕上がりに 「マグロの漬けオクラと…

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  3. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  4. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  5. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?

PAGE TOP