青澤直子のよもやま話

ハーブ山盛り タイ料理シリーズ vol.003

ヤマモリのタイフード

タイ料理の時代が来ました。過去に何度かあったエスニックブームとは違う流れが来ていると感じます。コリアンダーやホーリーバジルが日本でパク チーやガパオというタイの名前で呼ばれるようになっています。

タイ料理の魅力を知る人たちは、ブームにのったエスニック風料理ではなく、
本当のタイ料理をもっと手軽に食べたいと願っていました。ですから、 タイ料理を供する側には妥協が許されず、本場の味を届けるための努力がされてきたに違いありません。

ヤマモリのタイフードシリーズは、そんな多くの人の思いが形になった商品です。便利なレトルトの中には、厳選されたタイの食材を使ってタイで 作ったまさに本場の味が詰まっています。明治時代の醤油づくりからずっと食と真剣に向き合ってきたヤマモリらしいこだわりを味わうことができるでしょう。

それにしても、タイ料理の魅力とはなんでしょう。そんなことを考えながらパッケージを眺めていると、それだけでハーブやスパイスに包み込まれるようなしあわせな気持ちになります。そこにヒミツが あるのでしょうか。

これから野菜ソムリエとしてその魅力をさぐり、紹介してまいります。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 豪勢に見える丼物もとっても簡単に作れる「豚すき焼き丼」 《野菜ソ…
  2. タイにいても日本の節句を思い出して「春爛漫ちらし寿司」《野菜ソム…
  3. ヤマモリのトムヤムクン ハーブ各種の効能と共に タイ料理の真髄を味わう トムヤムクン v…
  4. 小麦粉の代わりにタロイモでヘルシーに「お好みタロ焼」《野菜ソムリ…
  5. ひとりでも大人数でも楽しめる3種の「鍋の素」が新登場!《野菜ソム…
  6. 438(yamamori)for-Banner あの懐かしい家庭の味を 異国でもしっかり再現 「チキンカレー」v…

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP