人気連載

ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.009

ガパオ

ガパオ

バジルは、シソ科の植物でハーブの王様と呼ばれています。中でも英語でホーリーバジル(聖なるバジル)と呼ばれる品種は、万能薬かと思うほどの 効能が謳われ、インドでは不老不死の薬として大事にされていますそんなありがたいバジルですが、タイでは身近なキッチンハーブとして使われています。それが「ガパオ」です。

ガパオは、いつの間にか料理名として歩き出してしまいました。タイ料理が広 まるのはうれしいのですが、スイートバジルを使ったガパオ炒めが出回るのは、なんとももどかしくもあります。スイートバジルやほかのバジルもたしかに おいしく香りはいいのですが、それぞれに特徴があって、ガパオと は風味が全 然違います。

なんとか正しいガパオ料理が広まってほしいのですが、日本でガパオを手に入 れるのは難しいでしょうし、詳しくないと生のバジルを見ても区別がつ かない でしょう。

そこで食べてほしいのがヤマモリの「ガパオごはん」です。本場のガパオたっ ぷり、ひき肉とオイスターソースベースでご飯にぴったり。封を開けた ら、思 わず目玉焼きを焼きたくなるでしょう。ありがたい聖なるバジルですが、タイの 屋台ご飯ですから、気取らずガツガツいきたいですね。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 日本の味でアレンジ! 「だし入り和風フムス」《野菜ソムリエ・青澤…
  2. ソースをかければコロッケ風!? ポテサラ・サンドイッチ 《野菜ソ…
  3. 私のキャディへのチップ vol.095
  4. ビザラン禁止の影響は?ビザの専門家に聞いた アジアビザ・コンサル…
  5. オーガニックシャンプーで素髪になる Cannaの巻
  6. ヤマモリのトムカーガイ 甘くてコクがあるのに キリリと芯の通った味 トムカーガイ vo…

オススメ記事

  1. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!

PAGE TOP