人気連載

ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.009

ガパオ

ガパオ

バジルは、シソ科の植物でハーブの王様と呼ばれています。中でも英語でホーリーバジル(聖なるバジル)と呼ばれる品種は、万能薬かと思うほどの 効能が謳われ、インドでは不老不死の薬として大事にされていますそんなありがたいバジルですが、タイでは身近なキッチンハーブとして使われています。それが「ガパオ」です。

ガパオは、いつの間にか料理名として歩き出してしまいました。タイ料理が広 まるのはうれしいのですが、スイートバジルを使ったガパオ炒めが出回るのは、なんとももどかしくもあります。スイートバジルやほかのバジルもたしかに おいしく香りはいいのですが、それぞれに特徴があって、ガパオと は風味が全 然違います。

なんとか正しいガパオ料理が広まってほしいのですが、日本でガパオを手に入 れるのは難しいでしょうし、詳しくないと生のバジルを見ても区別がつ かない でしょう。

そこで食べてほしいのがヤマモリの「ガパオごはん」です。本場のガパオたっ ぷり、ひき肉とオイスターソースベースでご飯にぴったり。封を開けた ら、思 わず目玉焼きを焼きたくなるでしょう。ありがたい聖なるバジルですが、タイの 屋台ご飯ですから、気取らずガツガツいきたいですね。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. より多彩に、多面的なライフスタイルを提案するピースストアの巻
  2. ワンデートリッパーの強い味方 アビデックの巻
  3. あの人に喜ばれるバスケットを贈りたい グルメマーケット&ホームフ…
  4. 【虚構新聞バンコク版】ワット・ポーの涅槃仏が寝返り vol.00…
  5. 心身のお悩みの心強い味方 つぼやクリニックの巻
  6. パワーアップして帰ってきた エンポリアムフードコートの巻

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  4. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP