エッセイ広告

【編集部発エッセイ広告】聖徳おばちゃん

家のそばのタラート(市場)に足を踏み入れる。活気のある場に身を置くと、日々の雑事が喧騒の中に溶け込んでいくかのよう。人が群がる屋台で、店主と思しきおばちゃんが幾人もの注文をこなしながら、世間話までしていた。その情報処理能力、聖徳太子か。

 昨年末、駐在員5年目で帰任の声が掛かったタイミングで辞表を提出。今は、起業に向け準備を進めているところ。ターゲット層がここにいる人たちと直結するわけではないが、これからもお世話になる国の「生」を肌で感じたかった。

 タラートを出たところでスマホを取り出し電子版アプリで電子版Proをチェックする。退社して会社で新聞が読めなくなったため、自分への投資、と自宅で購読することにしたものだ。朝、パソコンで設定しておいた「Myニュース」の自動記事収集で集まった記事をチェックする。スマホの中では、次世代通信規格「5G」の登場に向け、通信業界やIT業界がますます盛り上がりを見せていた。

 これから俺も、おばちゃん顔負けの情報処理能力フル稼働でやっていく所存だ。


お問い合わせはこちら
https://www.nikkeiasia.com/

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【編集部発エッセイ広告】「朝の連ドラ」
  2. 【編集部発エッセイ広告】脳内ガッツポーズ
  3. 【編集部発エッセイ広告】「煙る街」
  4. 【編集部発エッセイ広告】日々これ夢中
  5. 【編集部発エッセイ広告】聖徳おばちゃん
  6. 【編集部発エッセイ広告】「国境のない街」

オススメ記事

  1. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  2. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP