前川健一の象がバンコクを歩いていたころ

バイク・タクシー vol.005

バイク・タクシーが生まれた1980年代。まだヘルメット着用義務はない。

モーターサイは、オートバイという意味だが、正式名称のモーターサイ・ラップジャーン(オートバイのハイヤー」の意味)の省略形として、バイク・タクシーのこともさす。

バイク・タクシーの歴史はよくわからない。おそらく、バンコクでは1980年代初めあたりに、バスのない地域で生まれたようだ。郊外の新興住宅地だけでなく、バンコクの中心部にも不便な場所があり、タクシーを使うほどではないが、歩きたくないという人向けに勝手に営業が始まった。

学術論文を読むと、クロントゥーイ消防署があるスクムビット22では、1983年に生まれたという。消防署は、スクムビット通りからもラマ4世通りからも遠い所にある。そこで、オートバイを持っている男たちがタクシー商売を始めた。

バンコク各所で需要があり、合法とも非合法とも言えないかたちで、バイク・タクシーが次々と姿を見せ、しだいにシステム化していった。


前川健一の1枚の写真で振り返る ー 象がバンコクを歩いていたころ
古いポジフィルムから蘇る記憶。今はああだけど、昔はこうだった。タイの新旧を写真とともに振り返るコラム。
まえかわ・けんいち 2003年から2018年までダコ本誌にて『前川通信』を連載。特集からコラム、広告までをも辛口の批評をくれているダコ名誉顧問ライター。『タイ様式(スタイル)』(講談社文庫)など著書多数。また、旅行人HP(www.ryokojin.co.jp)にエッセイ「アジア雑語林」を連載中。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 路面電車 vol.006
  2. バイク・タクシー vol.005
  3. プーカオ・トーン からの眺め vol.002
  4. 木の時代の終わり vol.003
  5. 野外写真屋 vol.010
  6. 建設中 vol.008

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  3. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  4. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  5. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】

PAGE TOP