前川健一の象がバンコクを歩いていたころ

バイク・タクシー vol.005

バイク・タクシーが生まれた1980年代。まだヘルメット着用義務はない。

モーターサイは、オートバイという意味だが、正式名称のモーターサイ・ラップジャーン(オートバイのハイヤー」の意味)の省略形として、バイク・タクシーのこともさす。

バイク・タクシーの歴史はよくわからない。おそらく、バンコクでは1980年代初めあたりに、バスのない地域で生まれたようだ。郊外の新興住宅地だけでなく、バンコクの中心部にも不便な場所があり、タクシーを使うほどではないが、歩きたくないという人向けに勝手に営業が始まった。

学術論文を読むと、クロントゥーイ消防署があるスクムビット22では、1983年に生まれたという。消防署は、スクムビット通りからもラマ4世通りからも遠い所にある。そこで、オートバイを持っている男たちがタクシー商売を始めた。

バンコク各所で需要があり、合法とも非合法とも言えないかたちで、バイク・タクシーが次々と姿を見せ、しだいにシステム化していった。


前川健一の1枚の写真で振り返る ー 象がバンコクを歩いていたころ
古いポジフィルムから蘇る記憶。今はああだけど、昔はこうだった。タイの新旧を写真とともに振り返るコラム。
まえかわ・けんいち 2003年から2018年までダコ本誌にて『前川通信』を連載。特集からコラム、広告までをも辛口の批評をくれているダコ名誉顧問ライター。『タイ様式(スタイル)』(講談社文庫)など著書多数。また、旅行人HP(www.ryokojin.co.jp)にエッセイ「アジア雑語林」を連載中。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 路面電車 vol.006
  2. バイク・タクシー vol.005
  3. バンコクにも空があった vol.004
  4. 野外写真屋 vol.010
  5. 自動販売機 vol.009
  6. 木の時代の終わり vol.003

オススメ記事

  1. You delivery_top 《ダコ読者限定プロモーションあり!》日本語で利用できるデリバリー「YOU」が〝おいしい〟を自宅へ
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP