前川健一の象がバンコクを歩いていたころ

舟が、タクシーからバスに Vol.011

これが大都会バンコクの中心部。まるでジャングル・クルーズである。

かつてバンコクは人も物も水上を移動していた。網の目の運河は、今ではかなり埋め立てられてしまったが、1980年代末のセンセープ運河にはまだ舟はあった。

この当時の舟はいわばタクシーで、終点のバンカピあたりまでのどこかまで運んでくれた。タクシーだから貸し切りで、だから料金は交渉して決めた。その料金はけっして安くはなかった。この舟旅がおもしろかったので、ほかのルートを探してみると、プラカノン運河にも舟のタクシーがあることがわかり、イスラム世界の旅をした。

90年代に入り、渋滞の回避ルートとして、舟を水上バスにする計画が実行された。そのごく初期の姿が、この写真だ。

舟はまだ小さく、客もそれほど多くなかった。陸上のバスよりも高かった。この水上バスに乗れば遅刻をしないで済む。座っていけるという快適さが受けて、1年後には客が多すぎて乗れない人も出てくるようになった。


前川健一の1枚の写真で振り返る ー 象がバンコクを歩いていたころ
古いポジフィルムから蘇る記憶。今はああだけど、昔はこうだった。タイの新旧を写真とともに振り返るコラム。
まえかわ・けんいち 2003年から2018年までダコ本誌にて『前川通信』を連載。特集からコラム、広告までをも辛口の批評をくれているダコ名誉顧問ライター。『タイ様式(スタイル)』(講談社文庫)など著書多数。また、旅行人HP(www.ryokojin.co.jp)にエッセイ「アジア雑語林」を連載中。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 自動販売機 vol.009
  2. 屋台 vol.007
  3. プーカオ・トーン からの眺め vol.002
  4. 舟が、タクシーからバスに Vol.011
  5. バイク・タクシー vol.005
  6. 路面電車 vol.006

オススメ記事

  1. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  2. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  3. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  4. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  5. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP