下川裕治のタイ発日本行き 機上にて

東京ばな奈とタイ人の知人と 第4回


東京とバンコク間には、タイ・エアアジアXとスクートというLCCが就航している。2社とも預ける荷物が有料である。少しでも航空運賃を節約しようとLCCを選ぶわけだから、預ける荷物をなくし、機内持ち込みに……と考えるのは当然のことだ。それに対してLCCも、機内持ち込み荷物の重さチェックを厳しくしようとする。そのイタチごっこが、空港のチェックインカウンターで繰り広げられる。

空港によって、このチェックに温度差がある。東京の空港は、特に厳しいといわれている。担当者によって違うというが。成田空港でタイ・エアアジアXのチェックインカウンターの前に立った。僕の機内持ち込み荷物を秤に載せると、計測の針は10㎏を示した。エアアジアの機内持ち込み荷物の上限は7㎏である。僕は、大目に見てくれるだろうと思っていたのだが、甘かった。いや、大目に見てくれたのか。スタッフからこういわれた。

「3㎏オーバーです。免税品は絶対に買わないでください」

目が嘘をついていないか心配だった。持ち込む荷物は7㎏だが、そこにはチェックインをした後に買う免税品は含まれない。

「でも、それはあんまりじゃない」

一緒に飛行機に乗るタイ人の持ち込み荷物を目に、つい呟いてしまった。彼は持ち込み荷物はクリアしたのだが、免税店で『東京ばな奈カステラ』8個入りを20箱も買ったのだ。

「2箱買ったら、お土産を渡す相手を次々に思い出しちゃって……」

しかし甘くはなかった。待合室で大きな袋を持った人をチェックしていたのだ。当然、知人のタイ人の荷物も目に止まった。3袋に入った『東京ばな奈カステラ』をひと袋にまとめるようにいわれた。こういう指示にタイ人は素直に従う。汗をかきながら、ひとつの紙袋に詰め込もうとしているが、無理に決まっている。知人が僕を見た。

「わかった。紙袋、ひとつ持つよ。僕は免税品を買うなっていわれたんだけどな」
「マイペンライ。マイペンライ」
「でも、日本人なら事前にかさばらない土産を買っておくと思うけどな」
「そんなことをしたら、チェックインカウンターで重量オーバーになるでしょ」

結局、タイ・エアアジアXはタイの航空会社ということか。


旅行作家・下川裕治の往復便 ー タイ発日本行き 機上にて
しもかわ・ゆうじ 1954年(昭和29年)、長野県松本市生まれ。タイ、アジア、沖縄と旅を続ける旅行作家。ダコはじめ各国都市で制作するガイドブック『歩くシリーズ』の監修を務める。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 福岡修行とタイ人青年と 第3回
  2. ユナイテッド航空に僕が乗る理由。 第7回
  3. タイ人と呼ばれほほえむ日本人たち 第6回
  4. 旅は始めるよりやめるほうが難しい 第9回
  5. 台湾の入国カードと タイ人労働者と 第2回
  6. 東京ばな奈とタイ人の知人と 第4回

オススメ記事

  1. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック

PAGE TOP