下川裕治のタイ発日本行き 機上にて

ドン・キホーテと西友とタイ人OLと 第5回

バンコクの食品会社に勤めるOLのYさん。昨年の12月、友達と一緒に日本にやってきた。はじめての日本。東京と箱根という一般的なコース。彼女の父親とは古い友達で、東京案内を頼まれた。昔のタイ人に比べれば、ずいぶんと楽だった。なにも教えなくても地下鉄の切符を買える。店では英語で注文もする。細かいお土産はもっぱらドン・キホーテだった。渋谷店に行ったが、店にはタイ人スタッフもいた。

彼女たちが帰国してから半月。メールが届いた。チョコレートをひと袋買ってきてという依頼。代金は払うという。ドン・キホーテで買ったものと同じもの。写真も添付されていた。家の近くにある西友でそれを買った。430円ほど。レシートと一緒にバンコクに持参した。

メンバーが集まった。そこでチョコレートを渡すと、皆が固まってしまった。

「ドンキより40円も安い。」
「ドンキがいちばん安いんじゃなかったの?」

そういわれても困る。それから1か月後、再びメール。今度はどら焼きだった。なんでもタイ人女子の間で、日本のどら焼きがブームだという。銘柄も指定されている。調べると、新宿の小田急百貨店で売っていた。行くとタイ人が列をつくっている。こういう現象は最近の日本ではしばしば起きる。それを鞄に詰めてバンコク行きの飛行機に乗った。しかし彼女たちの表情が晴れない。

「ネットで出ている料金と同じなのね」

すべてを理解した。僕に頼むと、安く日本の菓子が買えると彼女たちは思っている。この種の有名店の菓子は安売り対象ではないことを伝えると、納得してくれたようだった。すると今回、また1通のメール。

「コロロのグミを1袋……」

そんなグミは知らない。なんでもタイではネットで盛りあがっているらしい。彼女たちは日本の販売システムを完全に理解していた。どんな商品が量販店で安く売られるか……。おそらくロータスやビッグCで鍛えられているのだろう。

妻に相談をもちかけてみた。

「コロロのグミ? 難問ね。毎朝、チラシを見るしかないかも」

どうしてこんなことになってしまったのか。すべては最初の西友がいけない。その料金が、彼女たちの買い物魂に火をつけてしまった。とりあえず西友に行ってみるか……。


旅行作家・下川裕治の往復便 ー タイ発日本行き 機上にて
しもかわ・ゆうじ 1954年(昭和29年)、長野県松本市生まれ。タイ、アジア、沖縄と旅を続ける旅行作家。ダコはじめ各国都市で制作するガイドブック『歩くシリーズ』の監修を務める。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ドン・キホーテと西友とタイ人OLと 第5回
  2. 福岡修行とタイ人青年と 第3回
  3. 僕がキャセイパシフィック航空を選ぶ理由 第13回
  4. 台湾の入国カードと タイ人労働者と 第2回
  5. 東京ばな奈とタイ人の知人と 第4回
  6. スラムで育ったポーンの話 第12回

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  4. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP