青澤直子のよもやま話

《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ごまドレにちょっとひと工夫!「満腹ガドガドサラダ」vol.041

健康のためにサラダを食べようと思っても、マンネリになりがちなのが悩ましいところ。多少野菜の組み合わせを変えても、ドレッシングが同じだとあまり変わり映えしません。

とはいえ何種類ものドレッシングを買い揃えても使いきれず残ってしまったり……。そこで市販のドレッシングにひと手間かけてみたら大当たり、ありそうでなかった活用法ではないでしょうか。

こんなことを思いついたのも、サラダのバリエーションを増やそうとガドガドサラダを作ったおかげです。ガドガドというのは、「ごちゃまぜ」という意味のインドネシア語で、インドネシア風ミックスサラダということになるのでしょう。温野菜をメインにピーナッツソースをかけて食べるのが特徴です。

ただ、この甘辛くて酸味のあるピーナッツソースを作るのがちょっと大変なのです。ヤマモリのごまドレッシングは十分においしいのですが、ある時閃きました。ピーナッツバターを混ぜたらいいかも!?

インドネシアっぽくなって大満足です。

今回のレシピにヤマモリ!

すでに完成されたドレッシングに手を加えるのはどうかと思いましたが、元がおいしいからこそ容易にアレンジできるのです。

甘味と酸味のバランスが絶妙なヤマモリのごまドレッシングにピーナッツバターをプラスしたら、ごまの風味にピーナッツのコクが加わって新たな高級ドレッシングが生まれたかのようです。

粗挽きしたごまが、見た目からも食べ応えたっぷりとわかるドレッシング。焙煎されたごまの香りが広がります。野菜はもちろん、お肉にもよく合います。1ℓ

<材料>2人分

じゃがいも:1個
にんじん:1/2本
ブロッコリー:1/4個
焼き豆腐(厚揚げ):1/2丁
ゆで卵:1個
もやし:100g
マナオ(ライム):1個(飾り用)
粉トウガラシ:お好みで
ピーナッツバター:大さじ1
ヤマモリごまドレッシング:大さじ2

<作り方>

1:野菜はそれぞれ加熱して、食べやすいようにカットします。
2:卵や豆腐、マナオも同じようにカットしておきます。
3:ヤマモリのごまドレッシングにピーナッツバターを溶かしながら混ぜます。お好みで粉トウガラシを混ぜます。
4:材料を皿に盛りつけて、3をかけてできあがりです。

ガドガドサラダは温野菜ミックスのサラダですから、上記の材料にこだわることなく、ありあわせの野菜を利用するといいでしょう。シンプルに2~3種の野菜をさっと食卓の一品に加えてもいいでしょうし、おもてなしの時には、豪勢に盛り付けて主役級のサラダとして演出してもいいでしょう。

ドレッシングは、辛いのが好きな方はラー油やトウガラシを加えたり、酸味がもっと欲しい方はマナオをプラス、お子さんには甘いピーナッツバターや粒々のピーナッツソースを使ってもいいでしょう。ちなみにピーナッツペーストをヤマモリのめんつゆやしょうゆごまドレッシングに合わせても面白いです。

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ポン酢しょうゆ…
  2. 431(yamamori)for-Banner 寿司文化を世界に広めた 偉大なる功労食材 「アボカドサラダ」vo…
  3. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》 簡単調理・ざ…
  4. 438(yamamori)for-Banner あの懐かしい家庭の味を 異国でもしっかり再現 「チキンカレー」v…
  5. 437(yamamori)for-Banner 体にもいいネバネバを 思いっきり楽しもう 「オクラ納豆素麺」vo…
  6. 450(yamamori)for-Banner 麻婆豆腐の素がスープに変~身!「ササッと酸辣湯」vol.029

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  3. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  4. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP