虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】MRTに「ドリアン専用車両」試験導入 分ドリアン化に一歩 vol.050

daco-kyoko650x340

 

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

 

thurian add

ドリアン専用車両が試験導入されたMRT

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュー

バンコク都内の鉄道・路線バスなど公共交通機関でつくるバンコク交通協議会(BTC)は、車内にドリアンを持ち込むことができる「ドリアン専用車両」をMRT(地下鉄)に試験的に導入したと発表した。一部車両では既に6月中旬から運行が始まっている。

 

「果物の王様」とも呼ばれるドリアンは、その独特のにおいのため、多くの国々で車内やホテルなど公共の場への持ち込みが禁止・制限されている。世界でも有数のドリアン生産国であるタイでも、持ち込みに関するマナーは長年議論の対象になってきた。

 

BTCでは、たばこにおける分煙と同じく、受動ドリアンを防ぐための「分ドリアン」を目指すことを決定。その第一歩として、MRTの一部車両に「ドリアン専用車両」を試験導入すると発表した。これまで全ての車両でドリアンの持ち込みを禁止してきたが、専用車両に限り持ち込みとドリアン料理の飲食を認める。

 

MRTスクムビット駅で地下鉄を待っていたソムチャイさんは、専用車両の導入について「今までドリアンを持っていないのに、なぜか『ドリアンを持ち込むな』と怒られることが多くて困っていた。私のような冤罪被害を防ぐためにも、専用車両の導入はありがたい」と歓迎する。

 

そう話して普通車両に乗り込んだソムチャイさんだが、やはり他の乗客からドリアン専用車両に移るよう忠告を受けていた。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュー

 新着記事を読む 

関連記事

  1. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】からまり電線にさよなら 電柱・電線着色工事…
  2. 【虚構新聞バンコク版】「プレゼント届けに」住居侵入の男を逮捕 v…
  3. 【虚構新聞バンコク版】ムエタイvs相撲、軍配はムエタイに vol…
  4. 【虚構新聞バンコク版】若者VS政府 エスカレートするソンクラーン…
  5. 【虚構新聞バンコク版】バンコクに暑中見舞い、 四万十の清涼水2ト…
  6. 【虚構新聞バンコク版】高齢象社会到来、深刻な社会問題に vol.…

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  3. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?

PAGE TOP