人気連載

【虚構新聞バンコク版】タイ米を日本米に 米種変換器が発売 vol.005

タイ米など縦長のインディカ米を日本米のようなジャポニカ米に作り変えることができる米種変換器をバンコクの地元企業「タリンチャン」が開発した。早ければ来年初頭にも販売を開始。在タイ邦人を中心とした需要を見込む。

 

本物の日本米(左)とタイ米から作った日本米(右)

 

「カーオサーン2号」と名付けられたこの変換器は、一見したところ縁日のかき氷器のようなかたちをしている。

使い方はまず炊き上げたタイ米を上部にある投入口に入れる。すると内部にある羽根状の棒が回転して柔らかくなったタイ米を練り上げる。2時間練り上げることでペースト状に加工されたタイ米は、目の細かい金属製の網をところてんのように押し出されて日本米のような丸い粒状になり、変換器下部の出口にあらかじめセットしておいた茶碗に盛りつけられていく仕組みだ。試食した記者によると、見た目だけは日本米と遜色ないと言う。

 

タリンチャンのバー社長は本紙の取材に対し「いったんタイ米をペーストにしてしまえば、網を取り換えることで、日本米だけでなく実際にはあり得ない立方体のご飯や麺状のご飯を作ることもできる」と話す。また購買層については「最初は日本人を中心に売れるだろうが、網目を変えればタイ米からタイ米を作ることもできるので、タイ人の需要も増えていくと思う」と自信あり気に語った。

 

ただ地元では昨今「そこまでせずともパンを食べればいいのではないか」という声も強まってきており、日本同様、タイでも食生活の欧米化が進んでいることをうかがわせた。変換器の価格は1000バーツ( 約3200円)程度になる見込み。

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載します。内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 37年の信頼と実績 日本堂ジュエリーの巻
  2. 満足度の高い気軽に入れるホテルブッフェ 57th Streetの…
  3. ポンパン先生と一緒にTV出演しませんか? TV共演者募集の巻
  4. 【虚構新聞バンコク版第68報】 「豚年」か「猪年」か―― 十二支…
  5. お待たせしました! 帰ってきた養生堂(ヤンセンタン)!の巻
  6. アパートの隣人と犬がひどい vol.107

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  5. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入

PAGE TOP