人気連載

【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol.012

観光客にも人気のソイ38の屋台街

 

2月28日、バンコクの屋台村として知られるスクムビット・ソイ38に移動鯛めし屋「タイタイタイ」がオープン。

さまざまな民族料理を味わえるタイでも、鯛めしを専門に提供する屋台は初めて。

このバンコクで開店した理由を、熊本県出身の店主・田内陽一さん(34)に話を伺った。

 

――熊本からの初出店ということですが、ソイ38と言えば、屋台の激戦区ですね。

田内 そうたい。激戦区たい。

 

――「タイタイタイ」というお店の名前も目を引きますが、これはどういう意味ですか。

田内 「タイタイタイ」は「タイ鯛たい」たい。

 

――なるほど。ちなみにお店ではどのような魚をお使いになるのでしょう。

田内 たいたい。

 

――えっ?

田内 鯛たい。

 

――ああ、そういうことですか。あと、ご飯は日本のお米ではないようですが。どこのお米を使っておられますか。

田内 たいまいたい。

 

――えっ?

田内 タイ米たい。

 

――田内さんの屋台はほかのお店と違って、ワゴン車を使っていますね。ちなみに車についているあの部品は何ですか。

田内 タイヤたい。

 

――それと基本的な質問で恐縮ですが、田内さんのお店は何でしたっけ。

田内 たいやたいたい。

 

――またタイヤですか? よければ漢字でお話していただけませんか。

田内 鯛屋台たい。

 

――なるほど、これで分かりやすくなりました。つまり今回のお話をまとめると……

田内 たい、たいやたい、たいたいたいたい。

 

――お話を聞いていて、何だかちょっとイラッとしてきました。腕をつねっていいですか。

田内 いたいいたいいたいいたいいたいたい!

 

――もう屋台なんか捨てて、日本に帰ってくださいよ!

田内 それは嫌です。

 

――そこは普通にしゃべれるんですね。ありがとうございました。

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 従業員の浮気相手の妻が怪我 vol.104
  2. タイ料理でビールをグググッと クンイン レストランの巻
  3. 詐欺罪で訴えたい vol.091
  4. daco-kyokoh650x340 【虚構新聞バンコク版】赤い砂山、バンコク都内にあちこち…いったい…
  5. 【虚構新聞バンコク版】性転換16回の男性、ギネスに認定 vol.…
  6. IMG_1714 【虚構新聞バンコク版】「ラオラオ詐欺」など注意呼びかけ vol.…

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP