人気連載

【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol.012

観光客にも人気のソイ38の屋台街

 

2月28日、バンコクの屋台村として知られるスクムビット・ソイ38に移動鯛めし屋「タイタイタイ」がオープン。

さまざまな民族料理を味わえるタイでも、鯛めしを専門に提供する屋台は初めて。

このバンコクで開店した理由を、熊本県出身の店主・田内陽一さん(34)に話を伺った。

 

――熊本からの初出店ということですが、ソイ38と言えば、屋台の激戦区ですね。

田内 そうたい。激戦区たい。

 

――「タイタイタイ」というお店の名前も目を引きますが、これはどういう意味ですか。

田内 「タイタイタイ」は「タイ鯛たい」たい。

 

――なるほど。ちなみにお店ではどのような魚をお使いになるのでしょう。

田内 たいたい。

 

――えっ?

田内 鯛たい。

 

――ああ、そういうことですか。あと、ご飯は日本のお米ではないようですが。どこのお米を使っておられますか。

田内 たいまいたい。

 

――えっ?

田内 タイ米たい。

 

――田内さんの屋台はほかのお店と違って、ワゴン車を使っていますね。ちなみに車についているあの部品は何ですか。

田内 タイヤたい。

 

――それと基本的な質問で恐縮ですが、田内さんのお店は何でしたっけ。

田内 たいやたいたい。

 

――またタイヤですか? よければ漢字でお話していただけませんか。

田内 鯛屋台たい。

 

――なるほど、これで分かりやすくなりました。つまり今回のお話をまとめると……

田内 たい、たいやたい、たいたいたいたい。

 

――お話を聞いていて、何だかちょっとイラッとしてきました。腕をつねっていいですか。

田内 いたいいたいいたいいたいいたいたい!

 

――もう屋台なんか捨てて、日本に帰ってくださいよ!

田内 それは嫌です。

 

――そこは普通にしゃべれるんですね。ありがとうございました。

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. グループレッスンでもどんどん話して会話が身に付く! ランゲージエ…
  2. 【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol…
  3. 子供から大人まで一緒に学べる侍道場の巻
  4. 【虚構新聞バンコク版】王様の香り、ふわっと ドリアン香水「スノー…
  5. ウコンサプリの大本命がタイ上陸! 琉球酒豪伝説の巻
  6. ラビットカードのポイント vol.105

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP