タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ タムルン・ムー(タムルンと豚の米麺):97食目

Print

郷愁を誘う米麺横丁

Yatai453-01

クイティアオ・タムルン・ムー

日本の「ラーメン博物館」や「ラーメン横丁」のような、ラーメンテーマパークが好きだ。短時間で有名店をハシゴできるから、ラーメン好きの旅行者にはありがたいね。

ふと、バンコクにも昔から米麺屋が集まっている通りがあるのを思い出した。バーン・クンノン通りだ。

米麺通りとして開発されたわけではないが、老舗店が軒を連ねる通りとして麺好きに知られている。せっかくなので、欲を出して何軒かハシゴしよう。この連載で順次紹介するつもりだ。

1軒目は、タムルン(ヤサイカラスウリ)と豚をのせた米麺が人気の店。モツ好きにぜひ行ってもらいたい店だ。レバーや心臓、胃袋などが山と盛られている。モツに挑戦してみたい人にも良い。丁寧に洗いしっかり茹でてあるから、モツ特有の臭みはない。具は豚ミンチとモモ、そして揚げニンニクに揚げワンタンも乗っている。スープは甘みをしっかり引き出した豚骨だ。自分で調味料を足す必要のないほど、味わい豊かな一杯に仕上がっている。

 

Yatai453-03

 

そしてこの店の特徴がタムルン。もともと道端にも生えているような、タイではおなじみの野菜だ。炒め物に使うことも多いが、スープに入れると独特の芳香がでる。

具だくさんの米麺は、様々な食感とそれぞれの具材から染み出すうま味が魅力だ。辛い料理が好きならトムヤム麺も試してほしい。上質な食材だけを使った新鮮な自家製トムヤムペーストは、汁あり汁なしともに甲乙つけがたい。

バーン・クンノンが米麺通りと呼ばれるようになったのは、水の都時代に運河で行商していた舟ソバ屋たちが、陸上交通の発達により陸に店を移したところ、一つの通りに集中したから。あえて演出することなく、レトロな雰囲気が漂っている。ここを「米麺博物館」とか「米麺横丁」と呼びたいね。

 

クイティアオ・タムルン(ナーイ・ウアン)バーン・クンノン

Yatai453-02

創業80年の老舗を守るのは、3代目店主ゲンさん。水上交通が盛んだった1937年に祖父がバンコク・ノイ運河などで行商したのが始まりだ。

モツをしっかり洗って茹でておくのは、食材の冷蔵保管が難しかった行商時代の名残りだそう。道路が整備され生活様式が変わると、陸に店を構え、2代目を継いだ叔父が初めて店名を掲げた。「ウアン」は叔父の名だ。タムルン麺は一杯35B、大盛りは45~55B。

DATA

時間:7時~15時 無休
電話:0-2433-2112、08-7594-5994

453_yatai_map

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】ヌアウア・サイ・ クイティアオ …
  2. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ クルアンナイ・ム…
  3. チョンブリースタイルの麺料理!「Mamarin」
  4. tum thonglor02 豪華な具材のソムタム「タム・トンロー」
  5. 【昼食】若者の街で宮廷料理 「Rabbit in the kit…
  6. 1 和とタイが織りなす、モダン・キュイジーヌ! 「Khao」

オススメ記事

  1. スタイリッシュかつ多機能! 大人の男のための贅沢カバン【TUMI TAHOE FINCH バックパックコレクション】
  2. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  3. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  4. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  5. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】

PAGE TOP