街の情報

タイの西洋薬史がわかる! 「ベルリン医薬博物館」が誕生

berlin museum

 

ジャルンクルン通りとスアパー通りの交差点に2月1日、タイにおける西洋薬の歴史を学べる「ベルリン医薬博物館」がグランドオープン。

1932年創業の「ベルリン・ファーマスーティカル・インダストリー」の創業者、チャイ医師を記念して生まれたこの博物館は「ジム・トンプソン・アート・センター」のギャラリストであるグリティヤー氏がキュレーションを担当。アンティーク器具が並び、創業当時の医療現場が見られる診察室や調剤室ほか、バンコクの医薬史がわかる展示が用意されています。

 

Berlin Pharmaceutical Museum Bangkok

場所:359 Charoen Krung Rd.
時間:9時~17時 火休
電話:0-2225-4700
FB:www.facebook.com/berlinpharmaceuticalmuseumbangkok
料金:入場料40B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 登記も可能なコワーキングスペース「ビジー・ビーズ」
  2. 伊勢丹バンコクが通常営業に復帰!
  3. タバコ包装の警告写真掲載面積が大幅にアップ
  4. ドゥシタニ最上階に新登場! 「22キッチン&バー」
  5. [new open] パヤタイ駅近にオーガニックなカフェ&レスト…
  6. 画像1 8月、9月の営業時間変更のお知らせ バンコク伊勢丹

オススメ記事

  1. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  2. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  3. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  4. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  5. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】

PAGE TOP