街の情報

タイの西洋薬史がわかる! 「ベルリン医薬博物館」が誕生

berlin museum

 

ジャルンクルン通りとスアパー通りの交差点に2月1日、タイにおける西洋薬の歴史を学べる「ベルリン医薬博物館」がグランドオープン。

1932年創業の「ベルリン・ファーマスーティカル・インダストリー」の創業者、チャイ医師を記念して生まれたこの博物館は「ジム・トンプソン・アート・センター」のギャラリストであるグリティヤー氏がキュレーションを担当。アンティーク器具が並び、創業当時の医療現場が見られる診察室や調剤室ほか、バンコクの医薬史がわかる展示が用意されています。

 

Berlin Pharmaceutical Museum Bangkok

場所:359 Charoen Krung Rd.
時間:9時~17時 火休
電話:0-2225-4700
FB:www.facebook.com/berlinpharmaceuticalmuseumbangkok
料金:入場料40B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. maekhlong 傘たたみも復活! 国鉄メークローン線再開
  2. lofty bamboo ロフティー・バンブー旗艦店 3月、プロムポンにオープン!
  3. モーターウェイ利用が後払い方式に変更
  4. チャオプラヤ川に架かる公園がオープン
  5. ダコのタイ人スタッフがオススメ!バンコク近郊で自然を満喫
  6. parkhyatt セントラル・エンバシーの上に 「パークハイアット・バンコク」

オススメ記事

  1. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  5. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】

PAGE TOP