タイ料理

皆で食べる東北タイ 「タム・カヨーン」

Tum01

ガイ・オップ・オーン

 

バンコク郊外に7店舗を展開している人気の東北タイ料理店「タム・カヨーン」が今年1月、初のフランチャイズ1号店をオープンさせた。

場所はバンコク北郊ティワノン通りのモール「ミント・ビレッジ」。周辺には日系企業の工場も多いため、日本人も視野に入れて日本語メニューや辛くないメニューも用意しているとか。また、「車でわざわざ来られる方のために」と、他店よりも安い価格設定にしている。

 

Tum03

明るい上に天井が高くて開放感あり

 

メニューは全部で120種類。メインのソムタムだけで30種類もあって、思わず目移りしてしまう。

内装はおしゃれなカフェ風。屋外席もあり、そちらは夕方からビアガーデンとして楽しめるとか(金土は生演奏あり)。

看板メニューの「タム・カヨーン」は魚肉やバイ貝、ソーセージなど具だくさんの特製ソムタム。辛さ控えめでもち米に合う一品だ。シャキシャキの食感もいい。

 

Tum02

オリジナルのソムタム、タム・カヨーン

 

「アマメシバのスパイシースープ」は希少なキノコ「ツチグリ」とアマメシバがたっぷり入ったスープで、ほろ苦い大人の味だ。

メインの「ガイ・オップ・オーン」は金色に光る鶏皮がなんとも食欲をそそる一品。若鶏をオリジナルのタレに漬け込んで炭火で焼いたもので、スプーンを入れると肉汁がじゅわっとあふれてくるほどジューシーだ。でも、脂っこくはなく、パクパク食べられる。技ありの一品だ。

会社帰りに同僚や部下を連れて行けば、社内での株が上がるかも!?

 

Tum Khayohng Cafe

時間:11時~21時 無休
場所:Mint Village, 76/39 Moo 1, Tiwanon Rd.
電話:0-2074-7878、09-1762-0111
料金:タム・カヨーン90B、ガイ・オップ・オーン195B、アマメシバのスパイシースープ120B、スズキのハーブ揚げ390B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】ヌアウア・サイ・ クイティアオ …
  2. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイジャップ・ カームー (豚足…
  3. bbaobbao 鍋に乗った大盛りカキ氷「バオバオ」
  4. 「ハーム・フー」のクイティアオ・トムヤム・ナーム・タオフー Vo…
  5. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】バミー・ムーデーン(焼き豚のせ中…
  6. moo&me 安い・清潔・無煙の「ムー&モア焼肉」

オススメ記事

  1. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!

PAGE TOP