タイ料理

皆で食べる東北タイ 「タム・カヨーン」

Tum01

ガイ・オップ・オーン

 

バンコク郊外に7店舗を展開している人気の東北タイ料理店「タム・カヨーン」が今年1月、初のフランチャイズ1号店をオープンさせた。

場所はバンコク北郊ティワノン通りのモール「ミント・ビレッジ」。周辺には日系企業の工場も多いため、日本人も視野に入れて日本語メニューや辛くないメニューも用意しているとか。また、「車でわざわざ来られる方のために」と、他店よりも安い価格設定にしている。

 

Tum03

明るい上に天井が高くて開放感あり

 

メニューは全部で120種類。メインのソムタムだけで30種類もあって、思わず目移りしてしまう。

内装はおしゃれなカフェ風。屋外席もあり、そちらは夕方からビアガーデンとして楽しめるとか(金土は生演奏あり)。

看板メニューの「タム・カヨーン」は魚肉やバイ貝、ソーセージなど具だくさんの特製ソムタム。辛さ控えめでもち米に合う一品だ。シャキシャキの食感もいい。

 

Tum02

オリジナルのソムタム、タム・カヨーン

 

「アマメシバのスパイシースープ」は希少なキノコ「ツチグリ」とアマメシバがたっぷり入ったスープで、ほろ苦い大人の味だ。

メインの「ガイ・オップ・オーン」は金色に光る鶏皮がなんとも食欲をそそる一品。若鶏をオリジナルのタレに漬け込んで炭火で焼いたもので、スプーンを入れると肉汁がじゅわっとあふれてくるほどジューシーだ。でも、脂っこくはなく、パクパク食べられる。技ありの一品だ。

会社帰りに同僚や部下を連れて行けば、社内での株が上がるかも!?

 

Tum Khayohng Cafe

時間:11時~21時 無休
場所:Mint Village, 76/39 Moo 1, Tiwanon Rd.
電話:0-2074-7878、09-1762-0111
料金:タム・カヨーン90B、ガイ・オップ・オーン195B、アマメシバのスパイシースープ120B、スズキのハーブ揚げ390B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Prayraya01 白亜の一軒家で南タイ 「プラーイ・ラヤー」
  2. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ ヌア・トゥン(牛…
  3. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイジャップ・ カームー (豚足…
  4. 【グルちょー】 「セェーブカックカック」のポーク・ナックル Vo…
  5. sanae jan エレガントにタイ料理「サネー・ジャン」
  6. Eathai cafe クラシカルなタイに浸る「イータイ・カフェ」

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中
  3. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  4. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP