タイ料理

まったく新しいタイ料理体験「Osha」

サイフォンで提供するTOM-YUM

 

個性的なタイ料理店が昨年12月、ウィッタユ通りにグランドオープンした。
タイ人オーナーが約20年前にサンフランシスコで第1号店を開き、現在では海外で9店舗を展開する店の、記念すべきタイ凱旋帰国となる。

 

黒と金色を基調にしたゴージャスな内装。店の奥には巨大なチャダー(タイ舞踊で使う冠)が吊るされていたり、2階席の壁にはラーマキエン物語の場面が描かれていたりとタイらしい。

 

 

料理は伝統的なタイ料理の様式を踏襲しつつも、フォアグラやラム肉など新しい時代の食材や最新の器や道具、技術を取り入れて、見た目も味も進化したものを提供しているという。

 

その最たるものが、今回試食した「TOM-YUM」。これは川エビを使ったトムヤムクンなのだが、写真のとおり、サイフォンで提供される。シェフがバーナーでスープを熱すると、空気の膨張によってスープが上昇してハーブと混じり、やがてハーブの香りとうま味を含んだ状態で再び落ちてくる。

 

これは単に見た目だけの演出ではない。ハーブを煮込むとえぐみや臭みが出てしまうが、このように食前の一瞬だけスープに浸すことで、新鮮な香りやうま味を楽しむことができるのだとか。

 

”CHOO-CHEE" Silky Fish

 

今回は計5品試食したのだが、どの料理も味は正統的なタイ料理なのに、斬新な演出や工夫が凝らされていて、本当に新鮮なタイ料理体験だった。

 

Osha

時間:11時~14時半、18時~24時( L.O.22時半) 無休
場所:99 Wittayu Rd.
電話:0-2256-6555
Web:www.facebook.com/OSHABANGKOK
料金:TOM-YUM 400B、"CHOO-CHEE" Silky Fish 750、Dancing King Prawns 380B、Spicy Beef 850B

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. sanae jan エレガントにタイ料理「サネー・ジャン」
  2. 【昼食】新定番!「Jim Thompson Restaurant…
  3. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】106食目:バミー・ ペット・ト…
  4. 【夕食】ムスリムも歓迎!のタイ料理「Spice & R…
  5. 「ノン・リム・クローン」の蟹の卵炒め Vol.05
  6. 昔ながらの家庭の味をオシャレにアレンジしたメニューを提供するタイ…

オススメ記事

  1. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  2. ファミリー層に大人気! 115㎡超の広々空間&絶景アパートメント「Sethiwan Sriracha」
  3. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  4. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  5. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?

PAGE TOP