タイ料理

刺激的な南タイ料理 「プーケット・タウン」

IMG_2038

異国情緒あふれる内装

 

本格的南タイ料理が食べられる「プーケット・タウン」。タイ人だけでなく、日本人にも根強いファンがいるこのお店は、今年3月にトンロー通り沿いから移転した。広い一軒家を改装し、シノ・ポルトガル様式の内装に。バンコクではなかなか味わえない雰囲気の店内、料理への期待も高まる~。

南タイ料理の醍醐味は塩っ気の強い、エビを発酵させたペースト「ガピ」。この店ではガピを、今号のダコで特集しているラノーン県から取り寄せているのだとか。一つひとつ試食した上で質の良いガピを厳選して仕入れており、オーナーの強いこだわりが伺える。

 

IMG_2063

サトー・パット・ガピ・クン

 

ガピとエビをふんだんに使った「サトー・パット・ガピ・クン」が今回の一番のお気に入り! 口に運んだ瞬間ふわっと独特な臭みがするし、サトー豆も少し苦い。そして、なにより、クセが強い!

だが、食べ進めていくうちになぜか虜になっていく。そうだ、このクセの強さがビールにぴったり合うからだ。

 

IMG_2116

ローティーに合うマッサマン。とてもコクがある

 

ここでは、「マッサマン・カレー」にもガピが入っているのだそう。甘めでコクがあり、大きめのジャガイモやチキンに絡み合い、ひと口ひと口がおいしい~。

そして、「カノムジーン・ナムヤー・プー」の優しい色合いに騙されることなかれ。大量のスープを口に入れたら最後、火を吹くほどの辛さだった。辛い南タイ料理の洗礼を受けた。辛い、でもうまい!

ビールが進むガツンと来る刺激。南タイ料理は、私の嗜好にどんぴしゃりだ。

 

Phuket Town

場所:トンロー・ソイ4
時間:11時~23時 無休
電話:0-2714-9402
FB:PhuketTownRestaurant
料金:サトー・パット・ガピ・クン(エビとサトー豆のエビペースト炒め)220B、鶏肉入りマッサマン・カレー250B、カノムジーン・ナムヤー・プー・プーケット(カニ肉入りタイカレーとタイ素麺)420B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ タムルン・ムー(…
  2. リムレー・ムーガタ 涼しい潮風の中、アツアツのシーフードを「リムレー・ムーガタ」
  3. IMG_8016 正統タイ料理入門編 「Charm Thai」
  4. sanae jan エレガントにタイ料理「サネー・ジャン」
  5. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ シャンハイ(上海…
  6. Print ママー・オーホー

オススメ記事

  1. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」

PAGE TOP