タイ料理

刺激的な南タイ料理 「プーケット・タウン」

IMG_2038

異国情緒あふれる内装

 

本格的南タイ料理が食べられる「プーケット・タウン」。タイ人だけでなく、日本人にも根強いファンがいるこのお店は、今年3月にトンロー通り沿いから移転した。広い一軒家を改装し、シノ・ポルトガル様式の内装に。バンコクではなかなか味わえない雰囲気の店内、料理への期待も高まる~。

南タイ料理の醍醐味は塩っ気の強い、エビを発酵させたペースト「ガピ」。この店ではガピを、今号のダコで特集しているラノーン県から取り寄せているのだとか。一つひとつ試食した上で質の良いガピを厳選して仕入れており、オーナーの強いこだわりが伺える。

 

IMG_2063

サトー・パット・ガピ・クン

 

ガピとエビをふんだんに使った「サトー・パット・ガピ・クン」が今回の一番のお気に入り! 口に運んだ瞬間ふわっと独特な臭みがするし、サトー豆も少し苦い。そして、なにより、クセが強い!

だが、食べ進めていくうちになぜか虜になっていく。そうだ、このクセの強さがビールにぴったり合うからだ。

 

IMG_2116

ローティーに合うマッサマン。とてもコクがある

 

ここでは、「マッサマン・カレー」にもガピが入っているのだそう。甘めでコクがあり、大きめのジャガイモやチキンに絡み合い、ひと口ひと口がおいしい~。

そして、「カノムジーン・ナムヤー・プー」の優しい色合いに騙されることなかれ。大量のスープを口に入れたら最後、火を吹くほどの辛さだった。辛い南タイ料理の洗礼を受けた。辛い、でもうまい!

ビールが進むガツンと来る刺激。南タイ料理は、私の嗜好にどんぴしゃりだ。

 

Phuket Town

場所:トンロー・ソイ4
時間:11時~23時 無休
電話:0-2714-9402
FB:PhuketTownRestaurant
料金:サトー・パット・ガピ・クン(エビとサトー豆のエビペースト炒め)220B、鶏肉入りマッサマン・カレー250B、カノムジーン・ナムヤー・プー・プーケット(カニ肉入りタイカレーとタイ素麺)420B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ハリウッド女優のメーガン・マークルが大絶賛した「チョート・チット…
  2. 【夕食】 ジャズが流れる東部料理店「Somtum Der」
  3. 【昼食】 買い物帰りにスペアリブ 「Midtown」
  4. 【食先案内人・ペーの屋台の細道】最終回:バミー・ギアオ・ムーデー…
  5. 昔ながらの家庭の味をオシャレにアレンジしたメニューを提供するタイ…
  6. 【夕食】絶品川エビをお試しあれ 「Anna & Son…

オススメ記事

  1. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!

PAGE TOP