特集

【本誌特集 全文公開!】乾季到来! タイ人たちは山へ向かう 泰流キャンプ術

 

バンコクから車でゴー! 設備が整い、見所もある
泰流が楽しめる3キャンプ場

この乾季、自然の空気を吸いにキャンプに行こう! ここでは、バンコクから車で約4時間の範囲にある、
アクティビティや見所が豊富に揃う3カ所のキャンプ場へと案内する。

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

ダム湖に沈む夕日の絶景
ポームピー・ビューポイント

(カンチャナブリー県カオ・レーム国立公園内)

バンコクから西に約340km。カンチャナブリー県のカオ・レーム国立公園内にあるキャンプ場「ポームピー・ビューポイント」は、ワチラロンコーン・ダム湖畔に位置する。静謐な雰囲気が漂うキャンプ場で、家族でリラックスして過ごすのにもってこいだ。タイ人の間では、夕暮れ時のダム湖に沈む夕日の景色がすばらしいともっぱらの評判だ。乾季の朝には、湖上に水蒸気が昇る幻想的な光景にも出合えるという。
キャンプ場への行き帰りに寄り道できるワチラロンコーン・ダムでは、ラフティングやボート乗りなどのアクティビティが楽しめる。ほかにも、キャンプ場手前7kmにあるグルーン・グラウィア滝は高さ5mほどの小ぶりな滝だが、多くの人でにぎわう水遊びスポットだ。

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

Pom Pee View Point

Khao Laem National Park, T. Prang Phlea, A. Sankhlaburi, Kanachanaburi
08-6131-3443、0-3451-0431
http://goo.gl/pwOSsc
入場料:200B(外国人料金)、テント設置料:なし、レンタル:テント225B(3人用)、寝袋30B、キャンピングマット20B
バンコクから:約4時間
乾季の最低/最高気温:10度/20度
施設:トイレ・シャワーあり、売店・食堂あり

qr-dts-420-pompii-view-point

 

タイ人に大人気! 鹿にも出合える
ラムタコーン・キャンプ場

(ナコンラーチャシーマー県カオヤイ国立公園内)

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

ここは、世界自然遺産カオヤイ国立公園の中心部に位置するキャンプ場だ。高原地帯のため1年を通して過ごしやすい気候になっている。広々としたスペースが用意されているテント設置場所も、シーズンの11月〜2月はテントがぎゅうぎゅう詰めとなって並ぶほどの大人気ぶり。テントのすぐ近くまで鹿が挨拶にやって来ることもある。
公園内には多くのハイキング道が用意されており、多種多様な植物が織りなす美しい自然を楽しめる。夜には、キャンプ場発のサファリ・カーによる動物見学ツアー(500B/台:10人まで)もある。

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

Lum Ta Khong Camping Ground

Khao Yai National Park, T. Musi,
A. Pak Chong, Nakon Ratchasima
08-6092-6527、08-6092-6529
http://goo.gl/0H7prS
入場料:400B(外国人料金)、テント設置料:30B、レンタル:テント225〜300B、自転車50B(1時間)
バンコクから:約3時間
乾季の最低/最高気温:10度/22度
施設:トイレ・シャワーあり、売店・食堂あり

 

鳥と蝶をウォッチング!
ケーン・クラジャーン国立公園

(ペッチャブリー県)

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

ケーン・クラジャーン国立公園は敷地面積約3000k㎡、タイ最大の国立公園だ。こちらには人気のキャンプ場が2カ所ある。ひとつは公園事務所そばのキャンプ場で、ケーン・クラジャーン・ダム湖に突き出す半島の上に位置し、湖上の雰囲気を堪能できる。
もうひとつは、公園事務所から30km離れたプラーンブリー川そばのバーン・クラーン・キャンプ場。この周辺は、北方鳥と南方鳥の分岐点となっているため多くの鳥が見られるほか、200種を超える色とりどりの蝶が見られるスポットとして有名だ。

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

【DACO・ダコ】タイ・キャンプ特集

Kaeng Krachan National Park

T. Kaeng Krachan, A. Kaeng
 Krachan, Petchaburi
0-3246-7326、0-3245-9293
http://goo.gl/t2djHY
入場料:130B、テント設置料:なし、レンタル[公園事務所そば]テント120〜250B、寝袋30B、マット20B、[バーン・クラーン]テント、寝袋、マットのセット300B(2人用)
バンコクから:約2時間半
乾季の最低/最高気温:5度/20度
施設:トイレ・シャワーあり、売店・食堂あり

qr-dts-420-kaeng-krachan

ページ:
1 2 3

4

5

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 中国漢方とは違う? 「タイの漢方」の秘密に迫る!
  2. 訪日ブーム 【本誌特集 公開!】これがタイ人の日本旅行の実態だ! なるほど訪…
  3. 王室御用達グルメ 【本誌特集 全文公開!】「お墨付き」の名店を食べ歩く 王室御…
  4. photo00 【本誌特集公開】 発酵食のススメ
  5. ●tobira-3kon 【フードコート探検隊 その2】イータイ編
  6. ●tobira-3kon 【フードコート探検隊 その3】ピアー21編

オススメ記事

  1. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  2. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  3. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  4. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  5. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】

PAGE TOP