バンコクの街角

ビアガーデンの季節到来! セントラルワールド前のライブスケジュールをチェック!

IMGP5667

 

久々に「バンコクの街角」らしく、街の風景に関する話題です。11月から12月にかけて街の主要スポットに登場するのがビアガーデン。乾季に入って涼しくなったし、雨も降らないし、夜風に当たりながらビールを楽しもう!ということで、ショッピングセンターやオフィス街などにビール会社によるビアガーデンが出現します。

 

なかでも特に有名なのがセントラルワールド前のビアガーデン(最近はアジアティック・ザ・リバーフロントのも人気急上昇中のようですが)。ビール会社3社がそれぞれ巨大なビアガーデンを出店し、タイを代表する一大ビール消費スポットと化します。

 

このセントラルワールド前のビアガーデンといえば!

ビールや料理も人気ですが、それと並んで人気なのがタイの有名アーティストたちによるライブが観られること。

どのビアガーデンも数日に1回のペースで有名な歌手やバンドを招いて1時間ほどのライブを行います。

 

今日はそのライブスケジュールが入手できたので、ご紹介します。タイ音楽に興味がある! という方はこの日に合わせて、逆に、あまり混んでないビアガーデンでゆっくり飲みたい方は、平日のライブのない日を狙って行くといいでしょう。

 

まずはハイネケンから。

 

IMG_0520

 

11月12日のGETSUNOVA、12月3日のSTAMPあたりが人気そうです。

 

シンハービールはこちら。

 

IMG_0521

 

3社の中では一番豪華。気合いの入ったラインナップに王者の風格を感じます。

個人的に気になるのは12月12日のスンタラポーン。これは近代タイ音楽の基礎を作ったスンタラポーン楽団の曲を生演奏するのだと思います。

 

あの、タイ正月とか新年、ローイクラトンの時に流れている、陽気なタイっぽい音楽はだいたいスンタラポーン楽団の曲だったり、有名な大学や高校の校歌もこの楽団の曲だったりします。タイ人は人生の折々にこのスンタラポーン楽団の曲を聴いて育つわけで、魂の奥底に流れているメロディともいえるわけです。これが生演奏で聴ける機会はちょっと珍しいので、行ってみたいところ。

 

そしてチャーン・ビール

 

IMG_0519

 

あまりタイポップを知らないけれど聴いてみたい、という人におすすめなのは11月19日のDuck Night Partyですかね。

日本人のファンも多いSingto Numchokeや江口愛実(AKB主要メンバーの顔を合成したアレです)にそっくりな美女Pangoなどが所属するレーベルのアーティストが総出演する、なかなか豪華なライブです。

 

【ライブを見たい方への補足あれこれ】
・ビアガーデンの場合、コンサートが始まるのはだいたい午後9時~9時半の間で、1時間強演奏する場合が多いです。その前後はビアガーデンが雇っているレギュラー・バンドによる演奏やDJが入ります。

・事前の予約ができるかどうかはビアガーデンやイベントによって対応が変わることがあるので、直接お問い合わせください。

・ビアガーデン自体は午後6時開始。確実に座席を確保するなら6時~7時くらいに行けば、まず大丈夫です。よほど人気のアーティストでない限り8時でも大丈夫だったり。

・仮に座席が取れなくても、外からステージが見えるので、外に立って観ることもできます。

 

というわけで、これから始まるベストシーズン、冷たいビールと最高の音楽で満喫してみてください!(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】バンコクの「肉山」登山に行ってきたの巻…
  2. プーケット・パトンビーチのクラブ&ディスコ事情まとめ 2014年…
  3. slverlake1 ワインを飲みにシルバーレイクへ行って来た!
  4. BNK48のモバイルさんに囲み取材でインタビュー、してきました
  5. ファイル_000 (4) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】日本のビールに氷を入れてみたら・・・の…
  6. P_20151202_142307 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第10回 宮武讃岐うどん

オススメ記事

  1. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP