青澤直子のよもやま話

スパイスが醸す異国情緒 濃厚で品のある味 マッサマン vol.008

ヤマモリのマッサマンカレー

ヤマモリのマッサマンカレー

あなたにとって「世界一おいしい料理」は何ですか?

なかなか難しい問題ですね。2011年にCNNGoが選んだのは、マッサマンで す。この結果に一番驚いたのはタイ人だったかもしれません。マッサマンは、 典型的なタイ料理とはちょっと違うからです。

 

恵まれた風土で、年中新鮮な食材が入手できるタイでは、香辛料も生で利用さ れるのが一般的です。その新鮮さと強烈さが魅力でありおいしさなのですが、刺激 が強すぎると感じる外国人も多いようです。

 

アユタヤー時代に誕生したマッサマンは、ムスリム(イスラム教徒)によって広められました。タイカレーが豚肉を多用するからだとか辛過ぎるからとか諸説 ありますが、どこか異国の香りがするのはたしかです。クローブやナツメグなどドライスパイスがじっくり煮込まれているからでしょう。それでもタマリンドの酸味やタイ南部名産のナッツ、ココナッツミルクもたっぷり入っていて、やはりタイのカレーです。

 

ヤマモリのマッサマンは、濃厚で品のある本場の味を再現し、マッサマンが世界 の料理の王様だと納得させてくれます。食べ応えのある具材がしっかり入って、 まさにレトルトの王様だと言えるでしょう。

(ヤマモリ提供)

この連載の他の記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》うす口しょうゆ…
  2. 440(yamamori)for-Banner 野菜をガツガツと 食べたい人におすすめ 「パワーサラダ」vol.…
  3. 429(yamamori)for-Banner さっぱり食べられて、食欲増進&解毒作用も「パクチーの冷製パスタ」…
  4. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ライスペーパー…
  5. ヤマモリしょうゆ工場 ヤマモリ工場見聞録【後編】 しょうゆ工場 ヤマモリ(タイランド…
  6. 466(yamamori)for-Banner (1) 声援代わりに力が出せるお弁当を「お肉と雑穀のパワーボール」vol…

オススメ記事

  1. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  2. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  3. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  4. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP