ちょっトリップ

バンコクからはロット・トゥーで。 現地では歩いて回るロッブリー中心部 ロッブリー市街地めぐり

さすらいのマラソン・マン、RYOTAの週末トリップシリーズ第3弾は、案外食べ歩きにもってこいの街だったロッブリー。

遺跡みながらカキ氷、なんてのも楽しい。次はあなたがぷ~らぷらできますように。

クメール様式の仏教寺院 「ワット・プラーン・サム・ヨート」

 

【旅して書く係】 RYOTA   大阪マラソン落選、東京マラソン当選を願う!

 

今回のマラソンの開催地は、バンコクの北150kmに位置するタイ中部のロッブリー県。

大会が土曜日のため、金曜日の夜から向かった。

戦勝記念塔からロット・トゥー(乗り合いバン)で行くため、ダコ351号のロット・トゥー特集が欠かせない。

ロッブリー行きに乗り込むとすぐに出発した。

 

バンコクから2時間ほどでロッブリー市内に到着。歩いてすぐの所にロッブリーシティホテルを見つけてチェックイン。ツインでエアコン・TV・ホットシャワー(バスタブ付き!)で300Bだ!

この日は夜の街歩きはせず、すぐに就寝zzz

 

マラソン後はウォーキング。食べ歩きスタート!

翌日は朝6時にマラソンスタート。今回は10.5kmのミニマラソンだ。天気もロケーションもよく、48分12秒で完走。

さて、休憩を挟んで昼前から観光へ!

 

これまで、マラソン後の現地観光はソンテウ(乗り合いピックアップ・トラック)を利用してたけど、地図を見た限り、見所の集まる旧市街は小さそうなので歩いて回ることにした。

 

しかし、まずは昼食。近くの店で、トムヤムラーメンを食べたけど物足りない。

いつもみたいに現地の名物料理を訪ね歩いてみた。……が、目ぼしいところが見当たらない。

ロッブリーにはないのか?

ホテルのスタッフに聞いてみると、有名なラート・ナー(あんかけ麺)屋台があると教えてくれたので行ってみた。

 

一見、どこにでもある屋台。しかし、注文したラート・ナー・タレー(シーフードのあんかけ麺35B)は、出てきた瞬間からいい香りが漂っていた。もちろん食べてみてもおいしかった。

店先で、「以前はナコンサワンで商売をしていて、ここに移り住んで14年営業している」という内容で、この店を紹介している雑誌の切り抜きを発見した。店の名前のナコンサワンって、そういうことか。

 

プラ・ナーラーイ・ラーチャニウェート宮殿

 

食べ終わってから、まずはロッブリーで最も高い塔とされるワット・プラ・シー・ラタナー・マハタートへ。続いてプラ・ナーラーイ・ラチャニウェート宮殿。中には博物館もあり美術品・遺品のほか、ロッブリーで発掘された出土品などが展示されている。

 

食べ歩き4時間コース!最後は無数の猿に見送られ

外国人大使達の住居跡 「チャオプラヤー・ウィチャエンの家」

 

3カ所めは、外国大使の住居跡があるチャオプラヤー・ウィチャエンの家へ。

途中、おいしそうなアイスクリーム屋台があったので休憩。

 

若者が集まる街中のアイス屋台「IceBaby」

 

さらにタコ焼き屋台も発見した。大阪出身で粉もんにはかなりうるさい自分、味見して買ってみたら(5個20B)、ちょっとツッコミ入れたい出来だったが、まぁタイだから……。

 

残る遺跡はプラ・プラーン・サム・ヨート。

クメール様式の仏教寺院で、3基の塔はロッブリーのシンボルだ。ここまで回った遺跡すべてタイ人は30B、外国人50B。受付で「タイ人?」と聞かれ「はい、タイ人です」と答え30B差し出すが「あ、あと20Bね」とバレバレ(笑)

 

そして中に入ると、無数の猿が! 9年前ここで猿に襲われた記憶が蘇る。

 

猿との距離が近くてちょっと怖い……

最後はサーン・プラ・カーンという寺を回って終了。食べ歩き、充実の4時間コースだった。

 

次は11月の猿祭りに来てみるのがいいだろう。帰りのロット・トゥーに乗る前に、ホテル並びのセットメニュー49Bの激安ステーキ屋に惹かれ、軽く食事を取る。

 

食べ物がランナーの体を作るのだ! って、この日は合計5食。

最初の予想を裏切って、遺跡と食い倒れのロッブリー旅行となった。

 

行き方

【1】戦勝記念塔からロット・トゥーで120B。満席になり次第出発。約2時間。遺跡の集まる旧市街、ロッブリー駅前に到着。モーチットから長距離バスの場合、旧市街から2kmほど離れた新市街に着く。

【2】現地ではバイクタクシーや人力車があるが、見所の集まる旧市街は小さいので歩いて回れる。

 

現役で活躍する三輪車タクシー

 

見どころ

①ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート  วัดพระศรีรัตนมหาธาตุ

時間 7時~17時 月火休

料金 タイ人30B、外国人50B

②プラ・ナーラーイ・ラーチャニウェート宮殿  พระนารายณ์ราชนิเวศน์์

時間 博物館:8時半~16時 月火祝休

宮殿:8時半~18時 月火休

料金 タイ人30B、外国人50B

③チャオプラヤー・ウィチャエンの家  เจ้าพระยาวิชเยนทร์์

時間 8時半~15時半 月火休

料金 タイ人30B、外国人50B

④プラ・プラーン・サム・ヨート  พระปรางค์สามยอด

時間 8時半~18時 月火休

料金 タイ人30B、外国人50B

 

お食事どころ

ラート・ナー・ムー・マック(ヂャオガオ・ナコンサワン)  ราดหน้าหมูหมัก (เจ้าเก่านครสวรรค์)

電話 08-1946-8272

時間 7時~17時 無休

料金 ラート・ナー25~30B、ラート・ナー・タレー35B

 

ここに注意

ロッブリーの街中、特にプラ・プラーン・サム・ヨートには猿がたくさんいて、食べ物を持ってると飛びかかってくるので用心。

 

【サバイバル度】  ★★★☆☆

【ローカル度】  ★★★★☆

【思わず長居度】  ★★★☆☆

【癒され度】  ★★★☆☆

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 王宮近く、新しい博物館めぐり マニアックな歴史を学ぶ「コイン博物…
  2. 郊外の自家用車かタクシーを飛ばして行こう!バンコク郊外の「闘鶏場…
  3. チェンマイ発ちょっトリップ『硫黄パワーでお肌ツルツル! サンカム…
  4. DSC00309 バンコク発ちょっトリップ 『ダコのタイ人スタッフが行く シーチャ…
  5. P1110053 『のどかなほっこり穴場リゾート ベトナムのフーコック島』
  6. paseo town1 ちょっとそこまで感覚のお手軽水上マーケット「タラート・ナーム・サ…

オススメ記事

  1. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  2. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  3. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  4. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  5. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP