ワンデートリップ

バンコク発★週末ちょっトリップ『タイで源泉100%の天然温泉!? 癒しを求めて、ラノーンへ』

「都会の喧騒に疲れた」「癒されたい」——。
そう考えた私は、タイ南部のラノーン県を訪れることを決めた。
実はこの地、日本人が大好きな温泉があるというのだ。
2つの温泉をハシゴする、一泊二日の〝癒しの旅〟へ出発!

源泉100%の「タリン・ホット・スプリングス」

・旅して書く係・タイの24歳
最近筋トレ始めました

ラノーン空港から約20分、緑が続く大きな道路から脇道に入ると、素敵な温泉施設があった。源泉100%の温泉が楽しめる「タリン・ホット・スプリングス(Taryn Hot Springs)」だ。温泉といっても日本とは違い、水着や服を着て入るスタイル。入場料は1日わずか150Bで、入浴のための服やタオル、ロッカーも入場料に含まれている。オープンからまだ2年と新しく、綺麗な脱衣所も完備でうれしい。

モダンで清潔な脱衣所

気になる効能は、リハビリ効果やオフィスシンドロームや筋肉痛への効果、さらにアンチエイジング効果も期待できるという。身体を癒すのに最適なスポットで、ラノーンに長期滞在し足繁く通う人も少なくないとか。

タオル、水着、ロッカーの貸し出しサービス

ちなみに日本人にとって、温泉に欠かせない1つといえば「温泉卵」では? 敷地内で飼育される鶏が産んだ新鮮な卵を使用した温泉卵があり、なんともこれが絶品! 訪れたらぜひご賞味を。

絶品の温泉卵

昼食は温泉近くのレストランにて、ローティーを。ローティーといえばスイーツを想像しがちだが、マタバと呼ばれるローティーの生地に包まれたお肉や野菜に初挑戦。タイカレーとの相性が抜群だった。

地元民に愛されるローティー屋さん「ローティー・バンヌイ」で昼食。チキン・マタバがおすすめ

欲張りな私は、近くにある「ナームノーン・ホットスパ(Namnong Hot Spa)」にも向かった。ここでの目的は温泉に加えて、スパ! 温泉で身体が温まったらジャスミンライスでボディ・スクラブ、そしてミントのアロマ・マッサージ…温泉+2時間の施術で極上の時間を過ごした。

ナームノーン・ホットスパの外観

「ナームノーン・ホットスパ」の温泉

ボディ・スクラブとオイルマッサージ

バンコクから数時間でこんな癒しの場に出合えるとは。ラノーンは何度でも訪れたくなる場所の1つになった。

TIME SCHEDULE

【1日目】
06:10 ドンムアン発
07:35 ラノーン着
08:10 タリン・ホット・スプリングスに到着
12:10 ローティー・バンヌイで昼食

地元民に愛されるローティー屋さん「ローティー・バンヌイ」

13:15 バーン・ハートソムペーン集落を訪問
14:05 ナームノーン・ホットスパに到着

セラピールーム

17:15 ゴー・ガイ・カフェ&スーベニアでお土産選び
17:50 ルアンラート通りでラノーンの歴史ある街並みを散策
18:20 クルア・チャルーンにて中華風タイ南部料理の夕食
19:40 ナームサイ・カオスワイ・リゾートにチェックイン

宿泊した「ナームサイ・カオスワイ・リゾート」のヴィラ型スイート・ルーム。温泉施設はないが、すべての部屋の水道とシャワー、そしてプールの水が温泉水。

【2日目】
08:00 ホテルで朝食
11:00 チェックアウト
11:05 ラノーンオールドマーケットで買い物
12:50 ラノーン空港到着
13:50 バンコクへ出発
15:05 ドンムアン国際空港

+1 TRIP

異国情緒漂うミャンマーマーケット

この市場には、感じたことのない不思議な空気が漂っていた。バンコクで見るタイ人とは少し違う顔立ちの人々、丸みを帯びた読める気がしない文字の看板と商品…。タイにいながら異国を感じる市場だ。険しい顔をしている人が多く少し不安になったが、カメラを向けると素敵な笑顔に出会えた。

ラノーン生鮮市場
Rueang Rat Rd., Bang Non, Mueang Ranong District, Ranong 85000

TRIP MEMO

宿泊どころ

ナームサイ・カオスワイ・リゾート
Numsai Khaosuay Resort

宿泊した「ナームサイ・カオスワイ・リゾート」のヴィラ型スイート・ルーム。温泉施設はないが、すべての部屋の水道とシャワー、そしてプールの水が温泉水。

住所 14/19 Permpol Rd, Khaoniwet, Muang, Ranong, 85000
電話 0-7798-9855
HP www.numsaikhaosuay.com
料金 1泊2300B〜5600B(税・サ別)

食べどころ

ローティー・バンヌイ
Roti BangNui
住所 Thamuang Rd, Khaoniwet, Mueang Ranong District, Ranong 85000
電話 09-8670-1075
時間 6時〜16時 金休
料金 チキンマタバ35B チキンカレー50B

↓ここから施設の位置情報を確認できます

(Google map)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 街中のサバンナ「ドゥシット動物園」
  2. P1060380 バンコク発 WEEKEND ちょっトリップ 『パタヤの山に建つ楽…
  3. 有休3日で神秘の岩を観に。 スリランカ
  4. シーチャン島 《週末★トリップ》 「シタディーン・グランドセントラル・シーラチ…
  5. 【ワンデートリップ特別案内編】 シーズン真っ盛り!タイのプロサッ…
  6. セントラル・フェスティバル・パタヤ

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  3. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック

PAGE TOP