下川裕治のタイ発日本行き 機上にて

消え行く沖縄そばとタイ人旅行者と 第1回

沖縄の沖縄らしさが失われつつある。ここ10年ほどで、僕が好きだった沖縄が次々に消えている。沖縄返還から45年。その年月とはこういうことだったのか。

たとえば沖縄そば。ショッピングモールのフードコートに出向く。いくら探しても沖縄そばの店がない。あるのは、うどんやそばの本土のチェーン店ばかり。

「こんなことでいいの? 沖縄そばは沖縄の県民食っていってたじゃない」。沖縄で生まれ育った知人に水を向ける。
「本土のうどんもうまいよー」
そういうことじゃないんだけど……。

以前、よく、東南アジアから沖縄経由で帰国していた。アジアから直接、東京に帰ることが怖かった。那覇でとろとろと泡盛を飲みながら、社会復帰のリハビリに励んだ。沖縄は本土とアジアの中間にある島だった。

当時、アジアからの沖縄への就航便は、台湾のチャイナエアラインだけだった。台北から那覇まで1時間弱。しかし席の確保が大変だった。半数は休暇を手にしたアメリカ軍基地の兵士やその家族だった。彼らは台北で乗り換えてアメリカや東南アジアに向かった。残りは基地で働くフィリピン人。そして台湾人の担ぎ屋おばさん。沖縄の人はわずかだった。

バンコクと那覇を結ぶLCCのピーチ・アビエーションが就航したのは、2017年だった。以来何回か乗っている。バンコクの午前1時台に出発し、朝の8時前には那覇に着いてしまう。わずか4時間半。乗るたびに思う。タイからそう遠くない……。

乗客の大半はタイ人。日本人や欧米人は2割もいない。タイ人の多くは那覇で乗り換えて本土に向かう。ただ沖縄に滞在する人もいる。

タイ人にとって沖縄は日本だ。だからイオンモールで化粧品や日本のお土産を買い、本土のラーメンチェーン店に入る。消えゆく沖縄には興味がない。それを目にした沖縄の知人はこういった。

「沖縄そばを食べてほしいさー」

先立って、本土のうどんがうまいといった彼である。沖縄にやってくるタイ人は、沖縄の人たちの島を愛する意識を刺激している。


旅行作家・下川裕治の往復便 ー タイ発日本行き 機上にて
しもかわ・ゆうじ 1954年(昭和29年)、長野県松本市生まれ。タイ、アジア、沖縄と旅を続ける旅行作家。ダコはじめ各国都市で制作するガイドブック『歩くシリーズ』の監修を務める。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅は始めるよりやめるほうが難しい 第9回
  2. 東京ばな奈とタイ人の知人と 第4回
  3. 僕がキャセイパシフィック航空を選ぶ理由 第13回
  4. 出国審査で思い出す スタンプのない旅券 第10回
  5. タイ人と呼ばれほほえむ日本人たち 第6回
  6. スラムで育ったポーンの話 第12回

オススメ記事

  1. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  2. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  5. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中

PAGE TOP