バンコクの街角

【日曜日はお馬に乗って】パタヤで見つけたリゾートかと見まがう乗馬クラブ! は、実は本当にホテルだった件「ホースシュー・ポイント」

最近、クリクリっとした馬の目に見られると、僕に何かを語りかけてんじゃないかって勘違いしていしまう、編集Uです、こんにちは! 日常生活の中で、無性に馬の頭をなでたい欲求に駆られたりすることってありません? この日の僕はまさにそんな感じでした。

何かと縁があって馬イベントに呼ばれることが多くなりました。
ついこの前の日曜も以前取材でお世話になった方から「馬の試合に出るから遊びにおいでよ」と声を掛けていただきました。行ってきたのは、パタヤの、はい、おなじみ「タイ・ポロ」ことタイポロ&エクエストリアン・クラブです。

以前、紹介した記事はこちら。
【ちょっぴり贅沢な気分に浸れる週末を】パタヤで優雅に英国式ガーデンパーティー!? ~正しいポロ観戦の楽しみ方~

「プレジデンツ・カップ2018」という、バンコクや近隣の乗馬クラブの選手が集まり、馬場馬術や障害馬術で競う大会です。
僕が見た障害馬術は、コース上に並んだ6つの障害を越えて時間を競うというもの。馬たちは1頭ずつで走りますが、人間でいうところのハードル競走ですね。

こんなちびっ子ライダーも

馬が障害を越える度に周りから歓声が沸き起こります。

白熱した試合、という感じではなかったですが、なかなか楽しめました。
コースが結構くねくねしているので、最初、どこをどう走っているのかわからなかったのですが、慣れてくると見どころポイントなどもわかってきたりします。

そんなこんなで、つつがなく試合も終わり、「時間が余ったけど、どうしようか」ということで、すぐ隣にある「ホースシュー・ポイント」という乗馬クラブを案内してもらいました。

 

大きな門をくぐって緑が生い茂る敷地内の道を進んでいくと、馬が悠然とその道を横断していきます。タイ・ポロの、どこまでもフィールドが広がる雰囲気とは打って変わって離島のリゾートのような情緒ある雰囲気(というのは良く言っている方で、道には穴ぼこが開いていたりと、正直ぼr……自主規制)と思っていたら、ホテルも併設されており、本当にリゾートでした。

以前は、古典馬術のショーなどもあったりしたみたいなんですが、今は休止中のようで、残念。見たかったなー。

古典馬術ショーが開催されていた劇場、最近は使われていない

馬場では、乗馬の練習している光景が見られました

馬が俯いてしょぼくれている感じですが、頭をさげることで下半身の筋肉を鍛えられるそう

 

案内してもらった厩舎では、額縁をイメージした窓から馬が顔を出していて、騙し絵かと思いきや(いや、思わんやろ)、本物でした。パステルカラーでかわいい感じです。

とりあえず、ここで馬にえさをあげたり、なでたりできて、この日の馬欲求は無事に満たされました。

全体的にものはいいのだけれど、手入れが行き届いていないところもあって、ちょっともったいない感じ。

家に帰ってHPを見たら、すごくキレイでまたまたびっくり! これ見てたらファンシーな印象を受けますが、現地では大人な落ち着きのある雰囲気に出合えることでしょう……。

Horseshoe Point

場所:100 Moo 9, Pong, Bang Lamung, Chon Buri
電話:0-3825-3500
HP:http://horseshoepoint.com/en

MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 1469510062727 バンコクの肺・バーンガジャオでサイクリングな週末を
  2. IMG_0807 時間を忘れて無になれる。お洒落ワークショップに行ってきた!
  3. 今、タイで流行っていること、やってみた……
  4. IMG_1931 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】福岡×バンコク女子旅交流会に行ってきた…
  5. IMG_2686 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】無性に餃子が食べたくなった日の巻
  6. IMG_2426 【極上の休日】マンダリン・オリエンタルのアフタヌーンティーに行っ…

オススメ記事

  1. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】

PAGE TOP