あーっ、あらいな?

【あーっ、あらいな?】痴漢していい権利なんてない vol.004

ティアオ・アープ・オープ・ヌアット・マイ・ダイ(เที่ยวอาบอบนวดไม่ได้)

「マッサージパーラーに遊びに行けなくなる」

4人の妻と15人の子を持つ83歳になるお笑い芸人ドム・チュアンチューン氏は、ここ数年タイ王国国家芸術家に選ばれるも、栄誉称号の受け取りを拒否している。その理由を3月23日、テレビ番組のインタビューで語った。「自分の器を超えているよ。自由が好きなんだ。その栄誉を受けたいと思うが、業界に迷惑をかけてしまいそうで怖い。おちおちマッサージパーラーにも遊びに行けなくなるし(笑)」。

 

ポム・ケー・ミー・メーター(ผมแค่มีเมตตา)

「ただ、慈悲深いだけ」

社会現象にもなったドラマ『ブッペーサンニワート』の主演俳優ポープ=タナワット氏と関係を持った女性がLINEの写真をSNS上で暴露し炎上騒ぎに。3月21日、彼はインタビューに答え、その女性だけでなく、ほかの多くの女性と同様の関係を持ったと告白。「僕はプレイボーイなわけじゃない。求められればその気持ちに応えたいと思うんだ」。

 

マイ・ミー・シッティ・ルアンラーム(ไม่มีสิทธิลวนลาม)

「痴漢していい権利なんてない」

毎年、ソンクラーン(水掛け祭り)で痴漢被害が発生するたびに挙がる「女性がセクシーな格好をしているから」という論調に対して、3月30日、モデルで女優でもあるシンディー=シリンヤーさんが反論。「いついかなる場合でも、たとえ女性がセクシーな格好をしていても、男性が女性の体を勝手に触っていい理由にはならない」。


2018年4月20日発行 ダコ479号に掲載

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【あーっ、あらいな?】グラブタクシー vol.007
  2. 【あーっ、あらいな?】覚せい剤売っています vol.002
  3. 【あーっ、あらいな?】バンコクはあるべき姿を取り戻した vol.…
  4. 【あーっ、あらいな?】セット代が14万B vol.009
  5. 【あーっ、あらいな?】「2つの世界を作った」 vol.026
  6. 【あーっ、あらいな?】任務は絶対に成功させなければならない vo…

オススメ記事

  1. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  2. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  3. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  4. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  5. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?

PAGE TOP