曼谷シャワー

【曼谷シャワー】ヨードの転職活動 vol. 378

日本に来て12年、あっという間なのか、長かったのかよくわからないけど、ヨードが「ジムを辞めようかな」と言い出した。コロコロと転職をするタイ人が多い中で、12年は、よく持ったな、と言うべきか。

10年前は少なかったプロ選手も、どんどん増え、チャンピオンになる選手も出てくると、それなりにミット持ちもハードだし、肩が痛くなったり、腰が痛くなったり。ジムのトレーナーは肉体労働でもあるので、40歳を過ぎた今、もうちょっと負担のない働き方ができれば、それはそれに越したことはない。

それに、「日本のタイ人ムエタイ業界と、もう関わりを持ちたくない」とのこと。確かに。

去年、元ムエタイ王者のタイ人男性が小2男児に軽傷を負わせて逮捕されたとニュースになった。話を聞けば私も知っている人々で、被害者のお父さんは加害者と飲み仲間でもある元ムエタイ選手、被害者の男の子はムエタイの試合経験もあるやんちゃ坊主(試合会場でヨードも会うと、ケリを入れてきたり、じゃれてくるような子)。寄付金集めの会、酒の入った席での出来事らしく、私はその場にいないから何とも言えないけれど、加害者側は故意ではないと、容疑を否認しているし、警察を呼ぶほどのことなのか? これは単なるキッカケで、今まで、色々なドロドロがあったのかも、と思わず邪推しちゃうよね。

ってことで、チラホラ次の仕事を本人が探していて、いくつか話はあるようだけど、どうなることだか。タイ人だし、日本語できないし、働き口は限られているし。

ところで、ヨードが日本でびっくりしたのは、女性のトラック運転手が多いことらしい。「深夜、駅前のローソンでシップロー(10個のタイヤの意、トラックの通称)からきれいな細い女性が降りてきて、荷物の積み下ろしをしていた。どこにそんな力があるのか? タイでは考えられない」と。さらには「タイなら、女性は、トラックなんて運転しない。ロット・ケン(台車)で物売りだ」と。ロット・ケン屋台も、相当腕力必要そうだけどね。


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【曼谷シャワー】ヨード、再就職 vol. 381
  2. 【曼谷シャワー】我が家の労働報酬 vol. 384
  3. 【曼谷シャワー】お料理サークル ピンチの理由は!? vol. …
  4. 【曼谷シャワー】祝・最終回! vol.393
  5. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】自由に生きる vol.369
  6. 【曼谷シャワー】新年の決意!? vol. 389

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  3. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  4. スクンビット病院ジャパニーズヘルプデスク-1 タイで病気になったら困りごとがいっぱい? 日本語で相談できるサービスが「スクンビット病院」に新設
  5. 新たに4BRが登場! 日本人ファミリーのための“サービス付き賃貸住宅” 「ハーモニック レジデンス シラチャ」

PAGE TOP