曼谷シャワー

【曼谷シャワー】ヨード、再就職 vol. 381

3月下旬、ヨードがジムを退社。仕事を紹介してくれるという人がいたので辞めたのだが、「いつから次の職場に行くの?」と聞いても、ずっと連絡待ちの状態。普通は、退社する前に次の職場の面接をしたり、条件を聞いたり、ある程度固めておくものだと思うけど、いっこうに決まる気配なし。もしかしたら、ふわっとした口約束というか、社交辞令的なニュアンスだったのかも?

で、3週間自宅待機していたらストレスもマックスに。よく、タイ人男性は働かないとか、なまけものとか思われているけれど、私が知る範囲では、特に日本在住のタイ人男性は稼ぎたい意欲のある人が多く、収入ゼロの状態が苦痛だったりする(まあ、自由に使えるお金がない、というのも大きい)。

とはいえ、日本人妻&タイ人夫の場合、奥さんがバリバリ働いていることが多いから、夫が無職だったり、アルバイト程度だと、「ダンナを甘やかしている」「もっと稼がせないとダメよ」とか言われてしまう。でもさ、女性に対する蔑視発言が何かとニュースになる昨今、こういうセリフを女性に言われると、何なんだろうと思うよね。だって既婚男性に対しては「奥さん、なんで仕事しないの?」とか、「奥さんをパートなんかじゃなく、正社員で働かせれば?」なんて言わないのに。

さて、暇を持て余したヨードは大阪のジムに1週間の出稼ぎに行くことになった(前日の夜に突然決まった)。時給や条件もいいので、そのまま単身赴任でも良かったのだけど、出稼ぎから帰った日の深夜、たまたま家から40分ぐらいで通えるジムを紹介してもらい、翌日から、とりあえず連絡待ちの間だけ通うことに。

で、1週間後、「もう連絡を待つのは辞めた!」と、そのままそのジムに就職決定。結局、もう関わりたくないと言ってた日本のムエタイ&キック関係のところに、そのタイ人ネットワークを駆使して決まった再就職だけど、通勤時間も半分になったし、結果的にはよかったか!?


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. bangkok shower logo 【曼谷シャワー】在日10年 vol.360
  2. 【曼谷シャワー】我が家の労働報酬 vol. 384
  3. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】ハイソな休暇 vol.373
  4. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】弁当は大変 vol.370
  5. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】自由に生きる vol.369
  6. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】心のブレーキ vol.361

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』

PAGE TOP