青澤直子のよもやま話

食べる人を思って作った 日本初の釜めしの素 「鶏釜めし」vol.021

436(yamamori)for-Banner (1)

【よもやま話】

釜めしは、タイ人にも人気の和食です。みなさんは、どんな具がお好みですか? 自分のために炊きあげられた特別感が何とも言えませんね。贅沢な和食のイメージですが、その由来は関東大震災の炊き出しでした。浅草の女性が釜さえあればご飯ができることに気がつき、1人用の釜で炊き立てを食べてもらおうと始めたのでした。

1958年には、横川駅で「峠の釜めし」が発売されました。駅弁屋が旅行者にどんな弁当を食べたいか聞いてまわり、「あたたかい家庭的で楽しい弁当」という声が多かったことから考案しました。それまでの折詰の常識を打ち破った駅弁は、全国に広く知れわたり大人気となりました。

その人気にあやかったのか、食べる人を思う商品開発に刺激を受けたのか、ヤマモリは、レトルト食品の開発を初めて間もなく、1969年に日本で初めて「釜めしの素」を発売しました。カレーのようなインスタント食品としてではなく、調味料的なレトルト商品を考えたのは、醤油メーカーとしてスタートしたヤマモリらしいですね。

ヤマモリは、タイでも鶏釜めしと山菜五目釜めしを販売しています。これらの商品にちょっとプラスして、食べる人に合わせた特別な釜めしを作るのもいいですね。

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 重ねて華やか、ごまドレでいただく「キャべ豚ミルフィーユ」《野菜ソ…
  2. 432(yamamori)for-Banner 今や日本の国民食に レトルトが普及の決め手 「麻婆豆腐」vol.…
  3. 米の代わりに細いパスタを使った和風パエリア「とんこつフィデウア」…
  4. 便利なつゆの素で あんかけ料理も気軽に「お手軽和風かに玉」《野菜…
  5. 麻婆豆腐の素がスープに変~身!「ササッと酸辣湯」《野菜ソムリエ・…
  6. 素材の色と味を活かし、おしゃれに作る「カボチャの冷製茶碗蒸し」《…

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」

PAGE TOP