青澤直子のよもやま話

食べる人を思って作った 日本初の釜めしの素 「鶏釜めし」vol.021

436(yamamori)for-Banner (1)

【よもやま話】

釜めしは、タイ人にも人気の和食です。みなさんは、どんな具がお好みですか? 自分のために炊きあげられた特別感が何とも言えませんね。贅沢な和食のイメージですが、その由来は関東大震災の炊き出しでした。浅草の女性が釜さえあればご飯ができることに気がつき、1人用の釜で炊き立てを食べてもらおうと始めたのでした。

1958年には、横川駅で「峠の釜めし」が発売されました。駅弁屋が旅行者にどんな弁当を食べたいか聞いてまわり、「あたたかい家庭的で楽しい弁当」という声が多かったことから考案しました。それまでの折詰の常識を打ち破った駅弁は、全国に広く知れわたり大人気となりました。

その人気にあやかったのか、食べる人を思う商品開発に刺激を受けたのか、ヤマモリは、レトルト食品の開発を初めて間もなく、1969年に日本で初めて「釜めしの素」を発売しました。カレーのようなインスタント食品としてではなく、調味料的なレトルト商品を考えたのは、醤油メーカーとしてスタートしたヤマモリらしいですね。

ヤマモリは、タイでも鶏釜めしと山菜五目釜めしを販売しています。これらの商品にちょっとプラスして、食べる人に合わせた特別な釜めしを作るのもいいですね。

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ヤマモリのグリーンカレー 若い唐辛子の個性が光る グリーンカレー vol.004
  2. 452(yamamori)for-Banner ソースをかければコロッケ風!? ポテサラ・サンドイッチ vol.…
  3. 458(yamamori)for-Banner (1) 片手で食べれる満足ご飯 「カレー DE トルティーヤ」vol.0…
  4. 464(yamamori)for-Banner ご飯に合うものは麺にも合う!「釜めしの素で簡単山菜パスタ」vol…
  5. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ごまドレッシン…
  6. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ポン酢しょうゆ…

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしま式」の新たな使い方! 合言葉は、「朝プロムポン、夜トンロー」【てしまクリニック&てしまSEITAI】
  2. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  3. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  4. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP