ブンに訊け!

タイの年金を還付請求 vol.121

bun-logo

今号の読者からのご相談

(前略)毎月給料から天引きされている社会保険料750Bには労災、健康、雇用、出産そして年金も対象になっています。自分がいくつになったらタイの年金をいくらもらえますか。 (服)

 

ブンからの回答

タイの社会保険の概要

タイの社会保険の厚生を受益するために、社会保険料納付率として事業者と従業員が各々「従業員の賃金月額の5%」を月1回納付します。ただし月給の上限を1万5000Bと定めているため、事業者750B+従業員750Bが納付されます。

この社会保険の中で1998年12月から年金制度も整備されました。

タイの年金について満55歳以上で、社会保険を納付した期間が合算して15年(180カ月)以上あり、無職であれば、毎月、亡くなるまで年金を貰えます。相続もあります。納付期間が15年未満であれば、一括で貰えます。

年金の額は支払った合算年数によって変わります。基本となるのは直近の5年間の月給。その平均が1万5000B以上の場合(=毎月750Bを給料から天引きされていた場合)、15年支払っていれば毎月3000B、16年で3 2 2 5 B …… 2 0 年では4125B、30年で6375Bです。

次に納付期間が15年に満たない場合の説明をします。1カ月〜11カ月しか納付していない場合、55歳でタイで無職であれば1万5000Bの3%である450B(従業員としての納付分) x 納付月間(1〜11カ月)を一度に受け取れます。満55歳でタイで無職であればです。

 

駐在員の場合

12カ月以上払っていれば、[ 4 5 0 B( 従業員としての納付分)+450B(事業者としての納付分)+毎年変わる率の1000B未満] x 納付月間(12〜179カ月)を一度に受け取れます。満55歳以上でタイで働いていなければです。

たとえば、かつて駐在で3年間働いていたことがあり、現在満55歳以上で、タイで働いていなければ約3万6000Bが一括で還付されます。

この制度は外国人も対象です。かつて外国人で実際に還付された人がいるのかどうか、それはわかりませんけれど。

 


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 傍若無人なタイ人板前(と娘)vol.065
  2. その野菜、本当にオーガニック?【ブンに訊け】vol.211
  3. 象にまつわるタイのことわざ vol.196
  4. アパート連れ込みの是非 vol.017
  5. 反政府デモについて vol.080
  6. 歯磨き剤の成分は? vol.085

オススメ記事

  1. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  4. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  5. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】

PAGE TOP