バンコクの街角

バンコク郊外の食堂に、韓国製の「のびた」が出現!?

IMG_9984

 

現在、10月5日発行のダコ418号のため、あちこちの食堂に取材に行っている私こと編集長Fですが、郊外にあるとある名店で気になるものを発見しました。

(誌面に先駆けて行ってみたい人は、上記の看板写真を手掛かりに行ってみてください。ちょっと遠いですが、タクシー代と時間をかけて行く価値ありの絶品が楽しめますよ)

 

取材を終えて帰ろうとすると、店員さんが「あれ、うちのトイレ入っていかないの? ちょっと特別なのよ。日本式のやつなの」と呼び止められ、「日本式の特別なトイレ? なんだろう……」と首を傾げながら入ってみました。

 

(以下、トイレの画像が出てくるので、お食事中の方はご注意ください)

 

すると、そこにあったのは……。

 

 

 

IMG_9981

 

そう、日本ではすっかりおなじみ、タイではバンコク都心部で最近普及してきたシャワートイレです。

ここ数年、いろんな業者がこのシャワートイレの販売・設置をやっているのは知っていました。

特にオークラ・プレステージとターミナル21がオープンした時は「全トイレがシャワートイレ!」というのがひとつの売りになっていたほど。

 

しかし、それは都心部だけの動きだと思っていたのですが、まさかこんな遠くの食堂にまで導入されるようになってきたとは……。と、ちょっとの間、感慨深く眺めていたのですが、なんだか見ているうちに小さな違和感が生まれました。

 

なんだろう、このちょっと落ち着かない感じは……。と思って、トイレに近づいてみると、

 

IMG_9983

 

ボタン表示が韓国語!

 

つまり韓国製のシャワートイレだったんですね。ボタンが中国語の中国製シャワートイレは何度も見たことがあるのですが、韓国製のは初めてです。韓国もこの分野に進出してきたんですね~。これからはタイ人のおしりの清潔さをめぐって、日中韓の熱い戦いが繰り広げられるのでしょうか。

 

「シャワートイレ」が「日本式トイレ(トイレット・イープンと店員がたしか言っていた)」と呼ばれている現状、この分野で他国にシェアを奪われるわけにはいきません。日本のシャワートイレ業者には頑張っていただきたいものです。

 

ちなみにこの韓国製日本式トイレ(ややこしい)のメーカーはというと……。

 

IMG_9982

 

「novita」、つまり「のびた」です!

なんだろう、この釈然としない感じ。

 

現代自動車のエンブレムを初めて見た時や、

英語圏では「ホンダィ」って発音させているのを知った時、

HONDAの企業CM「Do you have a HONDA」に良く似た「現代自動車 サンタフェのCMを見た時

 

のような感じにとても良く似た感覚なのですが、気のせいでしょうか。

なんだかモヤモヤした気分になって、結局、用は足さずにその食堂を後にしたのでした。

 

でも、こういう風にタイ人にも「おしりだって洗ってほしい」という考え方が伝わって、清潔なトイレが増えていくのはとてもいいことですよね。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMGP4120 チェンマイの夜はこれでシメろ! 君は、北門近くの深夜食堂「乳首ク…
  2. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】場末の飯屋を求めて、プラカノン市場を行…
  3. タイと日本の真っ赤な飲みくらべ
  4. IMG_6771re ベトナム慣れした者には恐ろしい、バンコクの交通事情
  5. インスタ映えで有名な「ワット・パクナム」へ行った際にぜひ立ち寄っ…
  6. IMG_1710_R ペナンの本屋がよすぎて入り浸ってしまいました

オススメ記事

  1. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  2. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  3. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  4. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  5. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」

PAGE TOP