タイ料理

工夫が詰まったタイ料理「ERR」

ERR_1

スペアリブのカレー

 

今や創作タイ料理店の代表格となったスクムビット通りソイ53の「Bo.lan」。ここのオーナー夫妻が今年6月、新たなコンセプトのタイ料理店を立ち上げた。

 

ERR_2

建物の古さと今風の色彩感覚が調和している店内

 

ワット・ポーの西側に並ぶ古いタウンハウスの一画を改装したこのお店、築70年という建物の古さを生かしつつ、カラフルな色遣いをしたり、壁にグラフィティ・アートを施したり、新旧がうまく調和した内装が特徴的だ。料理はコース料理の「Bo.lan」とは違って、気軽につまめるような小皿料理が多め。「お酒を片手にゆったり長居できる店」がコンセプトだったそうだが、先日の法改正の影響でアルコールの提供ができなくなってしまったとか。残念。

 

さて、試食に移ろう。「ジン・ソム・ムアン」はいわゆる「ネーム( 発酵ソーセージ)」を串に刺して焼いたもの。肉の柔らかさと口に広がる強烈な酸味が特徴だ。

 

ERR_3

発酵ソーセージの串焼き

 

「ゲーン・クア・シークローン・ムー」はスペアリブのカレーにカノムジーン(そうめん)を添えた一品。ココナッツミルクで煮込んだスペアリブがとろけるように柔らかい。辛さも控えめで食べやすかった。

 

最後は「ホーイ・マレーン・プー・パット・プリック・パオ」。黒々とした貝殻が見事なオーストラリア産ムール貝を辛味噌で炒めたものだが、貝によく味が染みていてジューシーだ。貝好きは一度試すべし。味はもちろん、器や盛り付け、彩りにもしっかり工夫が凝らされていて、料理が出てくる度に楽しめる店だった。

 

ERR

時間:11時~21時 月休
場所:394/35 Maharaj Rd.
電話:0-2622-2291~2
Web:www.errbkk.com
料金:ゲーン・クア・シークローン・ムー(スペアリブのカレー)350B、ジン・ムー・ソム・ムアン(発酵ソーセージ)195B、ホーイ・マレーン・プー・パット・プリック・パオ(ムール貝の辛味噌炒め)360B

ErrQRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ タムルン・ムー(…
  2. TepBar01 タイの伝統をバル風に楽しむ「TEP BAR」
  3. 【夕食】温故知新の古典タイ料理「Paste」
  4. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ヌア (牛肉入り米…
  5. Tum01 皆で食べる東北タイ 「タム・カヨーン」
  6. 「ハーム・フー」のクイティアオ・トムヤム・ナーム・タオフー Vo…

オススメ記事

  1. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】
  2. スクンビット病院ジャパニーズヘルプデスク-1 タイで病気になったら困りごとがいっぱい? 日本語で相談できるサービスが「スクンビット病院」に新設
  3. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  4. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  5. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!

PAGE TOP