ワンデートリップ

行きは長距離バス、帰りは列車。現地はソンテウでナコンサワン市街地 「ブンボーラペット水族館」

マラソンランナーRYOTAがお届けする大会ついでのトリップシリーズ。今回はバンコクから240kmほど北にあがったナコンサワン県で走った後の、水族館周辺の散策です。マラソン大会とレジャーの組合わせ、新しい趣味と健康づくりの参考にしてみては?

 

【左】山上で黄金に輝くワット・キリウォン 【右】開けて一望できるワット・ウォラナーバンボット

 

【旅して書く係】RYOTA:最近、あまり調子が良くないけど遠征に来るとかなりテンションがあがる

 

未知の「天国の街」を完走

今回のマラソンの開催地、ナコンサワン県は直訳すると「天国の街」という意味だ。久々にガイドブックにはほとんどめぼしい情報が載っていない県への遠征でワクワクしながら、RUN友3人で向かった。
モーチットから長距離バスで3時間半、渋滞にも巻き込まれず予定通り到着した。

 

停まっていたトゥクトゥクを足にして、早々とホテルチェックイン。その後、会場で受け付けを済ませ近場で晩ご飯をかき込む。早目に就寝zzz……。

翌朝のハーフマラソンは5時半にスタートし、先週のフルマラソンの疲れが残るなか、なんとか1時間45分で完走~! 会場で少し休んでから、いよいよ観光がスタートだ。

 

タイ最大の天然淡水湖を知り尽くす水族館へ

【左】珍しい巨大魚の多さに興味津々 【右上】目が離せないクロコダイルショー 【右下】水槽トンネル。巨大エイが人気

 

マラソン後、会場隣の水族館へ。全長105mもあるこの水族館にはブンボーラペット湖に生息する魚を中心に、現在絶滅危機にあるダトニオ、別名「タイガーフィッシュ」やジャイアントカープのほか、熱帯の魚種が多く、ナマズ研究で知られる皇族の秋篠宮殿下も来られたことがあるらしい。こんなとこにも来られるとは!

 

確かに魚好きにはたまらないくらい珍しい魚ばかり。212kmの面積を持つブンボーラペット湖はタイ最大の天然淡水湖で、確認されている生物だけで148種類以上、44種類以上の植物( 蓮が有名) が生息している。

 

中でも一番のメインは水槽トンネル。メコンオオナマズや淡水エイなど大型魚がたくさん! 外来種も見られる。1日1回の餌やりショーも行われ、この湖についてのアニメーション映画が3Dシアターで見られたりと大人でも十分楽しめた。

 

水族館を出ると、10人乗り用のカートに乗るように勧められ、連れて行ってくれたのが敷地内にあるシカ園、そしてワニ園でのヒヤヒヤのクロコダイルショーだった。この日、マラソン参加者はすべてのところで無料! タダで目一杯楽しんだランナー一行は、一度ホテルへ戻った。

 

観光は源流と山頂の寺院

【左】タイ最大の天然淡水湖、ブンボーラペット湖 【右】ガイ・ヤーンにはやはりビール

 

昼前になって一気に気温が上がったけど、それでも午後から観光を続ける。ホテルでソンテウをチャーターし、水族館近くの屋台で昼ご飯を取った。屋台が建ち並ぶ屋台群、珍しい蓮のソムタムと揚げソムタムのある屋台へ。ほどよい辛さに蓮の食感がいい感じだ。店頭のガイヤーンも匂いにつられて注文した。

 

暑い中に疲れた体、ビールがすすむ。ブンボーラペット湖を眺めながらのホッとする一時だ。例年より雨が少なく、一面が湖水で満たされていなかったのが残念。食後は市内観光へと繰り出した。

 

まずはチャオプラヤー川の源流へ。チェンマイ方面から流れてくるピン川とナーン方面から流れてくるナーン川がナコンサワンで合流し、ここから全長370kmのチャオプラヤー川になり、バンコクを経てタイ湾に流れる。源流と聞けばやはり見ておきたい。

 

次に向かったのは、山上で黄金に輝くワット・キリウォン。走った後に山を登るのはキツイので、ソンテウで一気に上まで行ってもらった。ナコンサワンの街が一望でき、すごくいい眺めだけど風もなく相変わらず暑い。

 

【左】ワット・ウォラナーバンボットにある干支の蝋 【右】山上から見たナコンサワン市街

 

最後は、ワット・ウォラナーバンボット( 別名: カエル山) へ。ワット・キリウォンほどの派手さはないけど、スコータイ王朝時代に建設された歴史ある古い寺である。

 

帰りはMochi をつまみ、エクスプレス列車で

4時間の観光を終え、ナコンサワン駅へ。いつも地方に行くと必ず名物料理を食べるけど、この街には特にないらしいので、「Mochi」と言うその名の通りの日本由来の名物菓子を買ってみた。餅というより饅頭っぽいけど甘さも控えめで結構いける。

 

【左】快適なエクスプレス列車 【右】名物菓子の「Mochi」オススメは紫の箱!

 

そして30分遅れで来た列車に乗り込みバンコクへ。エアコン、リクライニングシートでバスより揺れも少なく快適だぁ~。気持ち良すぎて爆睡し、景色を楽しむことなく目が覚めた頃にはバンコクだった。

 

初めて訪れたナコンサワン、今回行ったところ以外にもまだまだ観光スポットはあるらしいので、またこの街で大会があれば是非行ってみよう。

 

行き方

■行き方帰り方、現地での回り方
①バンコク→ナコンサワン:モーチットの北バスターミナルからバス会社「999」のナコンサワン行きに乗る。約3時間半、運賃160B
②ナコンサワン市街:ソンテウチャーター1000B前後(3時間)、トゥクトゥク100B~(5、6km)
③ナコンサワン→バンコク:国鉄ナコンサワン駅まではトゥクトゥクかソンテウで移動。エクスプレスで約4時間、運賃420B

 

見どころ

ブンボーラペット水族館 อาคารแสดงพันธุ์สัตว์น้ำ บึงบอระเพ็ด

場所 Bueng Boraphet, Kwae Yai, Nakhon Sawan
時間 月~金:10時~18時、土日:9時半~18時
【餌やりショー】月~金:11時、 土日:11時、15時
【クロコダイルショー】10時半、11時半、12時半、13時半、14時半、15時半

電話 0-5627-4251-5、0-5627-4525
料金 入場料:大人49B、子供19B、各ショー:大人30B、子供20B

 

食事どころ

プラー・レート・チャーイハート ปลาแรดชายหาด
場所 Moo 3 , Kwae Yai, Nakhon Sawan(水族館向かい)
時間 9時~18時 無休
料金 ラープ・ムー70B、ゲーン・ソム80B、ソムタム・ライブア40B、ソムタム・トート60B、ガイ・ヤーン100B

 

宿泊どころ

Tam Sabai Hotel
場所 150/1 Moo4 Nakornsawanook, Nakhon Sawan
電話 0-5625-6151~2
料金 690B(税サ込み)
HP www.tamsabaihotel.comwww.facebook.com/Tamsabaihotel

 

評価

【ローカル度】 ★★★☆☆
【タイ語必要度】 ★★★★☆
【癒され度】 ★★★★★
【グルメ度】 ★★★☆☆

 

おすすめタイムテーブル

【1日目】

14:00 モーチットバスターミナル出発
17:30 ナコンサワン到着
18:20 ターム・サバーイ・ホテルにチェックイン
19:30 マラソン会場で申し込み
20:00 ホテル隣のレストランで晩ご飯
22:00 就寝

【2日目】
5:30 ハーフマラソンスタート
9:25 ブンボーラペット水族館へ
10:25 シカ園とワニ園へ
12:30 ホテルチェックアウト
12:50 ブンボーラペット湖で昼ご飯
14:25 チャオプラヤー川源流へ
14:45 ワット・キリウォン
15:25 ワット・ウォラナーバンボット
16:20 ナコンサワン駅到着
17:20 ナコンサワン駅出発
21:15 フアラムポーン駅到着
21:20 解散

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 「サイアム・ミュージアム」【14回】
  2. 515のバスで映画博物館【1回】
  3. テレビ局訪問! 無料ムエタイ観戦ツアー
  4. バンコク発★週末ちょっトリップ『モン族の古都・ランプーンの 王宮…
  5. バンコク発★週末ちょっトリップ『カンチャナブリーのサファリで、川…
  6. 郊外の自家用車かタクシーを飛ばして行こう!バンコク郊外の「闘鶏場…

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP