タイ料理

【昼食】昔ながらの朝食あります 「Plearnwan Panich」

イサーン風目玉焼き

 

最近はレトロな市場が国内各地で流行っているけれども、その先駆け的存在といえるのがフアヒンの「プルーンワーン」。

ここがトンロー・ソイ13にレトロなカフェをオープンしたので行ってみた。

 

内装のコンセプトは「1920年代にタイで初めてオープンしたカフェ」。

壁には古いトタン板や廃材を使っていて、レトロな温かみがある。BGMは70~80年代のタイの懐メロだ。

 

 

メインとなるのはタイ国内産アラビカ種のコーヒー豆を使ったカフェメニュー。食事については、タイの昔ながらの朝食・昼食メニューを取り揃えている。

 

まずは「イサーン風目玉焼き(カイ・ガタ)」。

真鍮の鍋に目玉焼き2つ、中華ソーセージ、甘く味付けした豚ひき肉とトーストが乗った、東北地方の定番朝食メニューだ。バターを使わずにあっさり味で仕上げているのが特徴で、やさしい卵の味を楽しめる。

 

タイ風チキンあんかけライス

 

もう一つのおすすめは「タイ風チキンあんかけライス(カオ・ナー・ガイ)」。

とろみのついた鶏肉+椎茸のあんがご飯に絡んで、これもやさしい味付けだ。

 

昼や朝にあっさりしたものを食べたい時にいいかもしれない。

 

Plearnwan Panich

時間 月~金:8時~21時、土日:8時半~22時 無休

場所 Civic Park, 219/20 Soi Thonglor 13,  Soi 55, Sukhumvit Rd.

電話 08-4541-4565

HP www.facebook.com/plearnwanpanich

料金 イサーン風目玉焼き80B、タイ風チキンあんかけライス80B、カフェ・アメリカーノ80B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. tigercry-daco 【インフルエンサーが”タイのマスト”を紹介!】登録者数200万超…
  2. alphabet 2 今日はどっちの気分? 「アルファベット」
  3. 【夕食】絶品川エビをお試しあれ 「Anna & Son…
  4. Tum01 皆で食べる東北タイ 「タム・カヨーン」
  5. tum thonglor02 豪華な具材のソムタム「タム・トンロー」
  6. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】バミー・ガイトート (フライドチ…

オススメ記事

  1. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  2. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  3. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  4. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  5. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中

PAGE TOP