タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】サトゥー・ リン・ウア (牛タンシチュー)

Print

 

 

舌の経験

Yatai01

サトゥー・リン・ウア(牛タンシチュー)

急にシチューを食べたくなった。しかし僕の懐具合では高級な店は到底無理だし、当コラムでも紹介できない。ならば財布にやさしく、コラムの主旨にも沿ったシチューを食べに行こう。味付けも調理法も西洋式ではなく、どうみてもタイ料理のパット・プリアオワーン(甘酢炒め)なところはご愛嬌だ。

一見普通の食堂だが、西洋料理を出すきっかけとなったのはなんと、タイの近代化に尽力した政治家プリディー・パノムヨン氏(第7代首相)のアドバイスがあったからだとか。かつて初代のご近所さんだったプリディー氏が、自らフランス料理を指南してくれたという。初代はそれをタイ人好みにアレンジし、人気のオリジナルメニューがたくさん誕生したんだ。

それではオリジナル・タンシチューの作り方を見てみよう。まずは牛タンをよく洗ってゆでる。取り出して硬い部分を取り除き、中国漢方煮のスパイスで柔らかくなるまで4時間以上煮込む。油を熱したフライパンでトマトやエンドウマメ、ジャガイモと一緒に炒め、スープストップを加えてなじませる。オイスターソースに白醤油、黒醤油、胡椒などで味を調えとろみをつければ、こってりと濃厚なシチューの完成だ。

ストレートに食欲を刺激するルックスは、本格的なグレイビーソースにも負けていない。かすかに酸味のある甘いソースに胃袋は興奮状態だ。牛タンはとろけるほどではないが、食感を楽しめる柔らかさを残している。

肩肘張らない気楽な店内や財布にやさしい価格設定も含めて、個人的にはかなり気に入っている。同行した日本人の評価が芳しくなかったのは想定内だ。個人個人の食の経験が異なる上に、味覚も食の嗜好も個人差があるのだから仕方ない。たとえ今のあなたの舌に合わなくても、今回刻み込まれたタイ式タンシチューの経験は未来への土産になるだろう。

 

ミット・コー・ユアン

伝説的な老舗食堂。3代目店主のジアップさんによると、ラマ5世時代に中国から渡ってきた祖父がアユタヤーで開いた注文食堂が始まり。アユタヤー出身の政治家プリディー氏仕込みのフランス料理をタイ風にアレンジしたところ、たちまち人気を博したという。バンコクへ移転した後も評判が評判を呼び、都の人々に愛されて60 年以上の老舗となった。料理はタイ、中国、西洋とあるが、牛タンシチュー(80B)はだれもが注文する看板メニューだ。

時間:月~金:11時~14時、16時~22時、土日:16時~22時 無休
電話:0-2224-1194

yatai421map

Yatai431QRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2038 刺激的な南タイ料理 「プーケット・タウン」
  2. KATI01 政府認定の正統派タイ料理「KATI」
  3. baan phadthai phad thai goong yang 本格タイ料理の姉妹店 パッタイ専門店が登場!
  4. IMG_2879 気軽に高級ホテルの味 「カーオ」
  5. ZCafe01 ちょっとだけ高級な東北鍋「Z Cafe」
  6. bbaobbao 鍋に乗った大盛りカキ氷「バオバオ」

オススメ記事

  1. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  2. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  3. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  4. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  5. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP