人気連載

【虚構新聞バンコク版】ムエタイvs相撲、軍配はムエタイに vol.003

ムエタイ選手と力士が競う異種格闘技戦「チャオプラヤー・グランプリ2013」が2日、バンコク・フアマークスタジアムで行われ、ムエタイのサハノンチャイクン・マークパンチャマ選手(37)が、元力士・光宙(ぴかちゅう)を下し勝利を収めた。

 

日タイ友好を目的に始まった「チャオプラヤー・グランプリ」も今年で3回目。昨年は力士側の勝利で幕を閉じたが、ムエタイ側は元ラチャダムヌン・フライ級チャンピオンのサハノンチャイクンを投入。勝利に対する並々ならぬ意気込みを感じさせた。

 

レフェリーによるくじ引きで決まった対決は「UNO」。まさかのカードゲーム対決に会場は大きくどよめいた。昨年「わんこそば」対決で圧勝した光宙も驚きの色を隠せない様子。

 

試合はサハノンチャイクンが先攻。手持ちのドロー2を3枚繰り出し、終始優勢を保った。これに対して光宙は手札に恵まれず、防戦一方。額に汗がにじむ。

 

開始5分、光宙は突然立ち上がると、会場に響き渡る大声で「はい、ウノ言ってませーん!」と指摘。これが審判に認められ、サハノンチャイクンには2枚が加算された。

 

だがこの引いた2枚が試合の流れを決定付けた。引いたカードがどちらもドロー2であったため、そのまま反転攻勢。一気にたたみかけると、今度は「ウノ」も忘れず宣言し、一方的に攻める形で試合は終了した。

 

試合後の共同会見で、サハノンチャイクンは「運に恵まれた。神仏に感謝したい」とコメント。敗れた光宙は「相撲なら勝てたのに……」と、当たり前のコメントを残し、悔しさをにじませていた。

 

タイ代表のサハノンチャイクン選手

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載します。内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】性転換16回の男性、ギネスに認定 vol.…
  2. 生徒を第一に考えるフレキシブルなタイ語学校 パーソーンタイ語学校…
  3. 子供から大人まで一緒に学べる侍道場の巻
  4. 【虚構新聞バンコク版】ムエタイvs相撲、軍配はムエタイに vol…
  5. 科学的に分析し効果的なトレーニング方法を サミティヴェート病院の…
  6. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】「何でも売る」露天商、屋台取締りに立ち向か…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. Hurrah! In the end I got a weblog from where I be able to genuinely obtain helpful facts regarding my study
    and knowledge.

  2. Hey there! This is my first visit to your blog! We are a collection of volunteers and
    starting a new project in a community in the same niche.
    Your blog provided us useful information to work on. You have done a wonderful job!

オススメ記事

  1. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  5. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】

PAGE TOP