ワンデートリップ

長距離バスと貸し切りタクシーで パタヤ郊外のワイナリーでランチ「シルバーレイク・ヴィンヤード」

今号のパタヤランチ特集、いかがでしたか。実はこちら、特集内に入れたかったのですがレジャーとしての魅力もあったので、特集担当者はこのコーナーに託しました。次はあなたが葡萄畑で陽気なイタリアンランチを楽しめますように。

 

 

海風が気持ちいいパタヤ郊外の丘陵地帯に、約195万1100㎡もある広大な葡萄園が広がっています。

その風景の美しさから写真やドラマの撮影場所として、また大規模な音楽フェスの会場として人気を博しているシルバーレイク・ヴィンヤードに出掛けてみました。

 

【旅して書く係】 かぴ  お腹一杯、いつでもお腹一杯。

ソンテウかタクシーか!?

パタヤのエアコンバスターミナルで長距離バスを降りたら、ひとまずソンテウでセントラル・フェスティバルへ。タクシーが増えて以前より便利になったと聞くパタヤ。開店前ですが、デパートの前にはタクシーがずらり並んでいます。ここで行先を書いた紙を片手につたないタイ語で料金交渉。往復1000Bという高額料金にめまいがしましたが、目的地がここから22kmも離れていることとソンテウでも往復だと同じくらいだと考えて渋々OK。タクシーは新しい車両でエアコンも効いていて、ドライバーも最短ルートを走ってくれたので良しとしますか。

 

トロリーでまわる一面の葡萄畑

 

スクムビット通りを40分ほど進み、仏様が描かれた巨大な岩山が有名なワット・カオチーチャンに驚いていたら、その隣が葡萄園、シルバーレイク・ヴィンヤードでした。一面の葡萄畑。敷地には花が植えられた庭園や欧州調の建物があり、大きな貯水池は日差しを反射してキラキラ。炎天下、この広さを歩くのは大変だなと思っていたら葡萄園を一周できるトロリーがありました。物販エリアの脇にあるチケット売場で券を買い乗り込みます。

 

所要時間は30分ほど。タイとは思えないような壮大な景色を眺めるだけで気分爽快。撮影ポイントではトロリーを降り、15万株以上といわれる様々な花や樹と一緒に記念撮影。パタヤらしい岩山を背に広がる農園には、強い日差しに照らされ若い葡萄の葉が緑に輝いています。

この葡萄園はまだまだ発展途中、周辺には造成中の畑や建設中の施設もあって今後が楽しみです。

 

自然光がさす明るい席でタイワインとイタリアン

 

実はこの施設の大きな楽しみが、道路を挟んだ丘の上にある「シルバーレイク・ワイン&グリル・レストラン」での食事です。

この葡萄園で作られる主な品種はシラーズ。そのシラーズを使ったワインやタイ産のワイン、ほかにも世界各国のワインを取りそろえたイタリアンレストランです。広大な葡萄園を見渡せる明るいガラス張りのホールでは夕方、素晴らしいサンセットが見られるそう。

 

レストランの隣には煉瓦造りのピザ窯があり、焼き立てパリパリのピザや、贅沢に輸入素材を使った本格イタリアンが楽しめます。メニューは豊富。ワインに合いそうな魚料理やボリュームのあるステーキに目移りしてちっとも注文が決まりません。シェフの週末スペシャルメニュー、パスタやリゾットなどお子さんも食べやすいメニューも。定番のタイ料理も少しあります。

 

カオヤイ産ワインとムール貝

 

おすすめはオーストラリア産のムール貝のソテー。ぷっくり分厚い身がしっかり入ったムール貝は旨味たっぷり。スパイシーなトマトソースが効いていて、ハウスワインのカオヤイ産の辛口白ワインによく合います。どの料理も日本人好みのシンプルで素材を生かした味付けでホッとします。いいお天気、美しい葡萄園の眺望、おいしいワインと料理。暑い中、朝早くから出掛けてきてよかったー! お腹いっぱい!

 

お土産売り場で100%葡萄ジュースを飲みながら干し葡萄や葡萄クッキーなどをあれこれ購入。帰りはタクシーが駐車場で待っていてくれるのでとても安心です。見ていると、葡萄園周辺には空車のタクシーがほとんど通らないのでチャーターして正解でした。帰りはパタヤ市街の渋滞につかまり、バンコクに戻る高速バスは満席で2台もやり過ごしバスターミナルで待ちぼうけ。それでもお腹も心も大満足の週末になりました。

 

 

次回行くときは夕方、ご自慢のサンセットも見たいですね。

 

バンコクからの行き方

◆長距離バス利用

1. エカマイの東バスターミナルからパタヤ行きのバスに乗る。(124B)座席指定、パタヤ行チケットは1番の売場。所要時間約2時間30分。

2. パタヤのエアコンバスターミナルにいるソンテウ(20B)に乗りセントラル・フェスティバルに移動。デパート前に並んでいるタクシーと交渉(取材時は往復4時間チャーターして1000B)。ブドウ園まで所要時間約40分。

※ソンテウも交渉で同様のチャーター可能だが、安全性・快適性を考えるとタクシーの方がおすすめ。流しているタクシーを捕まえ交渉することも可能。

※「ワット・カオチーチャンの横のブドウ園」でドライバーは分かると思います。

◆タクシーおよびマイカー利用

モーターウェイ(高速7号線)をパタヤで降り、スクムビット通り(国道3号線)に出るところを左折し、ラヨーン方面に約20km走る。161kmの道路標で左折し約5km直進。隣接する岩山に仏像が描かれた寺が目印。この看板のある信号交差点を左折。

 

見どころ

Silverlake Vineyard 

32/62 Moo7, Na Jomtien, Pattaya, Chonburi

ヴィンヤード:9時~19時半、

トロリー運行時間:9時~18時

無休

総合受付:バンコクオフィス0-2261-6565(月~金:9時~17時)、08 -9895-9886(月~日:10時~18時)

www.silverlakethai.com

入場料:無料、観覧トロリー乗車料:大人50B、子ども30B

 

お食事どころ

Silverlake Wine & Grill Restaurant

08-9896-5166

11時~22時 無休

葡萄園から道を挟んだ向かい側

 

ここに注意

・ 葡萄園から戻るタクシーはほぼなし。パタヤで交渉する際に往復の拘束時間で交渉すべし。「パイ・クラップ・○チュアモーン・ダイマイ?」で通じた。

・ 日差しを避ける場所は少なめなので帽子、日傘は要持参。

 

【サバイバル度】★★★☆☆

【ローカル度】★★★☆☆

【広々開放感】★★★★★

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DSC02683_R-- 199Bで56の施設を堪能「ミューズ・パス・シーズン5」で ドン…
  2. センセープ運河ボートでホームシック解消コース ラッタナコーシン…
  3. P1070963 【週末★トリップ】バンコクエアウェイズの乗り継ぎ便がますます便利…
  4. BTS延長区間、各駅下車の旅
  5. 参加型美術館「アート・イン・パラダイス」
  6. ワット・トライミット内の新博物館

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  3. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  4. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  5. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。

PAGE TOP