ブンに訊け!

デポジットを返さない部屋のオーナー vol.022

今号の読者からのご相談

(前略)数カ月前、コンドミニアムに白蟻が大量発生しました。台所シンクの下や、ベッドが設置されている壁などは、食われた壁がボロボロになりすでに剥がれてしまいました。

被害がコンドミニアム全体の問題になったため、すべての部屋にコンドミニアム側が白蟻駆除のため強制的に壁に穴を開けて駆除剤の装置を設置していきました。また、部屋のオーナーが責任を持って各部屋の補修の対応をする、とコンドミニアム側には伝えられていました。

数カ月後、その駆除剤は取り除かれ、白蟻の問題はなくなったように思われましたが1mほどの穴の開いた壁、そして白蟻に食われたシンク下や壁については放 置されたまま。相談しようと、この部屋を紹介した某不動産屋の担当者に相談したのですが、部屋のオーナーと連絡がつかない、と言っては先延ばしに。(中 略)そこで、更新時期を迎えたことをきっかけに、部屋を退去することにした次第です。(中略)

通常、補修が必要な場合はデポジットから引かれるため、心配になり不動産屋担当者に尋ねてみたところ「事情が事情なので、デポジットからは何も引かれません」と言われました。

一件落着したように思ったのですが、先日、不動産屋担当者からオーナーから転送されたメールがありました。内容は「デポジット1カ月分を部屋の補修代に充 てるため、返金は1か月分となる」というもの。話が違うため、不動産屋に電話をし、相談のメールをしてみたのですが、今度は不動産屋担当者がこちらからの コンタクトを一切無視するようになりました。(後略)(匿名希望さん)

 

ブンからの回答

かわいそう……。賃貸契約の第一義は「オーナーは補修も含め部屋を良好な状態にして貸す。借りる人は自分の家のように大切に使うこと」です。匿名希望さんの過失ではないのに白蟻補修にデポジットを使われるのは解せません。

この場合、タイの消費者生活センターに相談できます。OFFECE OF THE CONSUMER PROTECTON BOARD(OCPB)タイ語で「ソー・コー・ポー」と呼び、ジェーンワタナ通りの政府総合庁舎内にあります。

www.ocpb.go.th
consumer@ocpb.go.th
コールセンター 1166

さて、さっそくここに電話してみました。この場合、契約書に関する部署になり、担当者のNimnuanさんにお話を伺いました。女性です(直通電話番号は0-2141-3441)。

彼女によると契約書に「どんなダメージも借り手が払うこと」という一文でもない限り、そして匿名希望さんが白蟻をおびき寄せたものでない限り、デポジット は返ってくるそうです。以下の書類を用意してEMSでソー・コー・ボーへお送りください。クレームはすべてタイ語で。匿名希望さんがタイ語を書けないので あれば、だれかに委任する(要タイ語の委任状)か、翻訳証明を発行してくれる翻訳会社に依頼してください。あて先は前述のウェブサイトで見つけてくださ い。

1)ウェブサイトから申込書をダウンロードし、必要事項を書く
2)「駆除後の部屋の補修はオーナーが責任をもって行う」と言ったコンドミニアムからの一筆
3)ダメージの写真
4)賃貸契約書
5)デポジットを払ったことを証明する領収書など
6)不動産屋経由の転送メール

以上です。健闘を祈ります。

——————————————————————
ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.thまで匿名で
——————————————————————
要小銭! デジダコ 電子書籍でバックナンバーをチェック!この号はタイ国県名物語。後編です。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. bun-logo ブラックコーヒーになぜお茶 vol.132
  2. 運転免許証更新が変更? vol.100
  3. 納品時の値下げ強要について vol.090
  4. 認知してくれない日本人男性が失踪 vol.072
  5. 携帯電話代が急激に減る(後半)vol.070
  6. bun-logo 会社名義のクレジットカード vol.135

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP