ダコスタッフ日記

タイらしい雰囲気の中で本格タイ・シーフード シーロム・ビレッジの巻

ダコスタッフ日記 by プック
先日、外国人の友達から、タイ料理を食べたいって言われたの(恋人か、って? それは、あえて言わないわ。うふ)。彼はタイに来てまだ日も浅いってことで、タイの雰囲気が味わえて、味も確かなあそこにしましょう! と、シーロム・ビレッジに連れていった。11月に38周年を迎えた老舗ね! 店に入った瞬間から友達もいい感じってにっこり笑ってくれた(やった!)。

写真、手前から半時計回りに:タイのアペタイザー5種盛り、カニ・カレー炒め、川エビの塩唐辛子炒め、スズキの醤油蒸し

料理メニューが豊富でほんと迷ってしまう。友達がタイのアペタイザーに興味があるらしいんだけど、いろいろありすぎて、全部頼んだら、それだけでお腹いっぱいになっちゃう。と、思っていたら、盛り合わせを発見! 5種類のがちょっとずつ試せるからお得ね。

彼がシーフードを食べたいって言うから、スタッフにお勧めを聞いたら、生簀まで案内して教えてくれた。まず、シーロム・ビレッジと言えば、のカニ・カレー炒めはマストね。そのほか、川エビの塩唐辛子炒め、と生簀で活きがよかったスズキを醤油蒸しで!

ぷりっぷりの川エビ、身がぴっちり詰まったスズキ、カニのうま味を余すところなく食べられるカニ・カレー炒め。ほんとに幸せ~。彼もすっかり喜んでくれたわ。

タイの小さな村を思わせる店内

そして忘れちゃならないのがタイの舞踊ショー。ちょうど料理も出揃う19時に始まるのね。友達には、内緒にしてサプライズ! にしていたんだけれど、狙いどおり、目を見開いて喜んでくれてた! また、一緒に来ようっと(そのときは友達以上の関係で!)。

Silom Village

場所:シーロム通り(ワット・ケークの向かい側)
時間:11時半~23時 無休
電話:0-2234-4448
HP:www.silomvillage.co.th
料金:タイのアペタイザー5種盛り330B、カニ・カレー炒め(重量による)、川エビの塩唐辛子炒め360B、スズキの醤油蒸し490B(すべて税サ別)
※アソーク(スクムビット・ソイ31と23の間:ソイ・サワディー)にも支店あり。アソーク支店には舞踊ショーなし


DACOへの広告ご掲載へのお問い合わせは 08-7685-3338
コサナーとはタイ語で広告のこと。プックはダコの営業マンである

 新着記事を読む 

関連記事

  1. P1250230 マンガ・アニメのプロになるきっかけに! KADOKAWA Ani…
  2. 使えない自分の治癒力に頼る、その前に フィジオクリニックの巻
  3. IMG_1698 プロムポンサービスセンターオープン準備中 YourMobileの…
  4. ビザラン禁止の影響は?ビザの専門家に聞いた アジアビザ・コンサル…
  5. IMG_8586 ニュース! 私のお気に入りカフェがトンローに テ・ティーハウスの…
  6. 平日のランチタイムでも無煙で安心 牛角の巻

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】

PAGE TOP