ダコスタッフ日記

大阪名物「かすうどん」上陸! しゃかりき432″(しみず)の巻


大阪出身の皆さま、大変お待たせいたしました! ついに、バンコクに「かす」が食べられるお店が8月にオープンしました。その名も「しゃかりき432"」。大阪でも2店舗を経営するマスターの清水さんは、創業10年を節目に、念願のバンコクへの出店を実現しました。

~波乱万丈の人生~


清水さんは10年前、26歳の時にトラックの運転手から転身、小さな串かつ屋を開店しました。順調に店舗も増え、順風満帆に思えた矢先、火事でお店が全焼。また、本店が地上げで閉店に追い込まれたりと、この10年山あり谷ありだったそうです。
「あれこれ考えるよりもまずは行動!」が信条の清水さんは、今年5月、ついに出店を決断。清水さんは「見切り発車や」とおっしゃっていましたが、大阪スタイルの料理とサービスをこの地に根付かせたいという志は、決して 勢いだけではないでしょう。

~「かす」って何?~

「かす」とは、牛のホルモンを脂が抜けるまでじっくりと素揚げしたもので「油かす」とも呼ばれています。最近では日本でも手に入りづらくなり、貴重な食材なんだとか。
清水さんは、タイでこのかすの現地生産を成功させ、お店ではすでに自社生産のかすを使用しています。今後、タイだけでなく東南アジアにかすを流通させていきたいと新たな夢を語ってくれました。

~どんな味なの?~

かすうどんを食べるのは初めてでしたが、かけうどんとかすうどんを食べ比べてみれば、違いは一口瞭然。「めっちゃ旨味出てるやん!」と思わず言いたくなる ほどコクと旨味が口の中に広がります。うどんは細麺ながらしっかりとコシがあり、本場大阪の味を再現した看板メニューです。

かすもつ鍋

~ダコを見たでプロモーション~

もう一つの目玉メニューの串カツは全部で70品以上! サクサクの衣にあっさりソースでいくらでも食べられそうです。そして忘れてはいけないのが、名物の「男前ジョッキ」。なんと1ℓの巨大ジョッキです。やっぱり串カツにはビールですよね。

 
当分の間、「ダコを見た」で会計時に10%オフとなるプロモーションを実施中です。ぜひ一度、かすをお試しください。

しゃかりき432”

本誌MAP2-C1

アソーク通り PSタワーB1

17時~翌3時 無休

08-7996-2147 日本語直通

———————————————————————————-
DACOへの広告ご掲載のお問い合わせは、下記までご連絡ください。
営業直通:08-7685-3337(明石)  08-7685-3338(後潟)
Eメール:mail@daco.co.th

———————————————————————————-

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅行のプロに聞くソンクラーン提案 JTBの巻
  2. crapes & co. たまには東地中海の料理はいかが? クレープス&コーの巻
  3. エカマイ駅直結! 徒歩0分! ひまわりタイ語学校の巻
  4. FM001_L 新生活に、南国産の贈り物を。フルールクラシックの巻
  5. きゅうり冷んやり 魅惑のゴイダオ・マッサージ 「WASH Tim…
  6. 素材の味を活かした伝統的なイタリアン LUCEの巻

オススメ記事

  1. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】

PAGE TOP