バンコクの街角

ラマ9世通りのニューカマー! おしゃれステーキハウス「プライマル・モダン・グリル」に行って来ました~


スクムビット・エリアを抜け出してはるばるおいしいお肉を食べに行ってきました! その名は今年3月にオープンしたばかりの「Primal Modern Grill(プライマル・モダン・グリル)」ラマ9世通りのソイ49の奥に佇む一軒家ステーキハウスです。

ラマ9世通りのソイ49といえば、近年話題のお店が続々と進出している大注目のソイ。周りを見渡すと大邸宅ばかりで上品な雰囲気が漂うエリアです。要注目ですぞ~。

では、さっそく店内の雰囲気です!

ステーキハウスと聞くと店内がジュージューしていてお肉の香りに包まれているイメージですが、ここはキッチンがガラスでガードされているため、お肉を焼く香りは充満していません。店内に差し込む明るい光と癒しのグリーンが居心地の良いカフェのよう!

良いなと思ったのが、タブレット上のメニューを写真で見て選べること。ドリンクはインスタ映えしそうなものが豊富です。値段は水40B~。凝った飲み物は180Bと様々。

今回の料理はすべてお店のお勧めをいただくことにしました!
「スイートコーン・パルメザン(125B)」は、コーンにヨーグルトとパルメザンチーズを混ぜた、前菜にピッタリの品。ステーキとコーンは相性抜群ですが、何より見た目のインパクトが衝撃的!

お肉は「プライマル・スモークド・ショート・リブ(590B)」。オーストラリアのアンガス牛を58度でスモークしロンガンウッドと備長炭で焼いたものです。香ばしくてホロホロでやはり骨の近くのお肉は絶品!

次は「プライマル・テンダーロインのランプステーキ(550B)」。こちらもオーストラリア産の和牛をミディアムレアで焼いたもの。斬新にイカ墨ソースでいただきました。柔らかくてお肉の質が良いのが素人でも分かります!

デザートは「ココナッツとパンナコッタ(240B)」。白いもこもこのミルクがシェフのこだわりの一品。さっぱりしていてお肉の後でもペロリです。

盛り付けのクオリティが異常に高いと思っていたら、かの有名なおしゃれレストランISSAYAの元シェフらがメニューをプロデュースしているそう! これには味も見た目も「さすが!」のひと言。
おしゃれにおいしいお肉を手軽に食べたいと思ったら、このお店が最有力候補ではないでしょうか。
ぜひスクムビット・エリアから。遠征してみてください~!

(駐妻ライター・モンガラ)

※「プライマル・テンダーロインのランプステーキ」「ココナッツとパンナコッタ」の2品はスペシャルメニュー! メニューに載っていないけど、スタッフがオススメで教えてくれる。ダコウェブの写真を見せてもオーケー!

Primal Modern Grill

電話:0-2046-5332
時間:11時~22時 無休
FB:Primalbkk
場所:113 Soi 49, Rama 9 Rd,

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ダコの休憩室
  2. IMG_2262 ポケモン大量ゲットだぜ!! サイアムパラゴン前がタイ国内最強の「…
  3. IMGP3136 伊藤園のカテキン緑茶がタイでも発売! タイでの商品名は「茶ーミン…
  4. IMG_2911 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】東京近郊で食べた美味いメシを淡々とアッ…
  5. s-P_20151109_125110 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第7回 金城
  6. 雨が降ればバイク屋が儲かる

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」

PAGE TOP