バンコクの街角

ラマ9世通りのニューカマー! おしゃれステーキハウス「プライマル・モダン・グリル」に行って来ました~


スクムビット・エリアを抜け出してはるばるおいしいお肉を食べに行ってきました! その名は今年3月にオープンしたばかりの「Primal Modern Grill(プライマル・モダン・グリル)」ラマ9世通りのソイ49の奥に佇む一軒家ステーキハウスです。

ラマ9世通りのソイ49といえば、近年話題のお店が続々と進出している大注目のソイ。周りを見渡すと大邸宅ばかりで上品な雰囲気が漂うエリアです。要注目ですぞ~。

では、さっそく店内の雰囲気です!

ステーキハウスと聞くと店内がジュージューしていてお肉の香りに包まれているイメージですが、ここはキッチンがガラスでガードされているため、お肉を焼く香りは充満していません。店内に差し込む明るい光と癒しのグリーンが居心地の良いカフェのよう!

良いなと思ったのが、タブレット上のメニューを写真で見て選べること。ドリンクはインスタ映えしそうなものが豊富です。値段は水40B~。凝った飲み物は180Bと様々。

今回の料理はすべてお店のお勧めをいただくことにしました!
「スイートコーン・パルメザン(125B)」は、コーンにヨーグルトとパルメザンチーズを混ぜた、前菜にピッタリの品。ステーキとコーンは相性抜群ですが、何より見た目のインパクトが衝撃的!

お肉は「プライマル・スモークド・ショート・リブ(590B)」。オーストラリアのアンガス牛を58度でスモークしロンガンウッドと備長炭で焼いたものです。香ばしくてホロホロでやはり骨の近くのお肉は絶品!

次は「プライマル・テンダーロインのランプステーキ(550B)」。こちらもオーストラリア産の和牛をミディアムレアで焼いたもの。斬新にイカ墨ソースでいただきました。柔らかくてお肉の質が良いのが素人でも分かります!

デザートは「ココナッツとパンナコッタ(240B)」。白いもこもこのミルクがシェフのこだわりの一品。さっぱりしていてお肉の後でもペロリです。

盛り付けのクオリティが異常に高いと思っていたら、かの有名なおしゃれレストランISSAYAの元シェフらがメニューをプロデュースしているそう! これには味も見た目も「さすが!」のひと言。
おしゃれにおいしいお肉を手軽に食べたいと思ったら、このお店が最有力候補ではないでしょうか。
ぜひスクムビット・エリアから。遠征してみてください~!

(駐妻ライター・モンガラ)

※「プライマル・テンダーロインのランプステーキ」「ココナッツとパンナコッタ」の2品はスペシャルメニュー! メニューに載っていないけど、スタッフがオススメで教えてくれる。ダコウェブの写真を見せてもオーケー!

Primal Modern Grill

電話:0-2046-5332
時間:11時~22時 無休
FB:Primalbkk
場所:113 Soi 49, Rama 9 Rd,

 新着記事を読む 

関連記事

  1. s-P_20160805_154500 セブンイレブンで発売開始されたマルエスの新商品を食べてみた
  2. ソンクラーン直前! RCA決戦前夜の様子
  3. Shrinp issue1 エビ七変化! エビが楽しめるレストランShrimp Issue
  4. s-P_20150616_132735 食後10バーツのお楽しみ
  5. IMGP5420 歩曼来来! 『歩くバンコク2015-2016』が今年も発売! タ…
  6. Print 12月31日、セントラル・ワールドほか各所でカウントダウン・イベ…

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP