バンコクの街角

インスタ映えで有名な「ワット・パクナム」へ行った際にぜひ立ち寄ってほしいお寺

突然ですが、、、あなたは、、、

 

 

「バンコク派」ですか?
「チェンマイ派」ですか?

 

 

断然、「チェンマイ派」のデザイナーのマイマイです。

 

バンコクに住むまでは、バンコクが苦手で、できることなら来たくない場所でしたが、「住めば都」というように、今ではすっかり慣れて便利な都会生活を満喫しています。

 

私の友達にも「バンコクが嫌い」な子がいます。「バンコクの空気を吸いたくない」という理由からスワンナプーム空港に降り立ち、チェンマイへ向かう国内線に乗り換えるために、ドンムアン空港に行くのさえ拒み、高いお金を払って、スワンナプームからチェンマイへ飛んだくらいです。

 

そんな友達が、タイへ来ます。
しかも、今度はバンコクへ。

 

バンコク嫌いを克服してもらうために、どこへ連れて行こうか悩める日々、、、そこで、ふと思い出した場所があります。きっとここなら彼女も気に入ってくれるはず!

 

そこは、インスタ映えで有名な「ワット・パクナム」!!

 

 

ではなくて、そこからほど近い「ワット・クンチャン(Wat Khun Chan)」!!

ご覧ください。ワット・パクナムから見えるこの姿。早く見たくてウズウズしません?
この、ツッコミどころ満載な感じ。

 

逸る気持ちを抑えつつ、お寺内をウロウロし、橋を見付け、渡ってみると、、、

涅槃像がこちらを向いてお出迎え。

 

そして、正面へ行ってみると、、、

写真には収まり切らない、三段重ね!!!
そして、それぞれが独特な表情。

 

テントがあって、真正面からの写真は撮れないのですが、こんな感じらしいですよ。
この姿見てみたい。

 

そして、振り返ると、、、

なんとも妖艶な涅槃像が。

 

ワット・パクナムへ行った際は、ぜひ、ワット・クンチャンへ!(むしろ、こちらがメインでも)

 

行き方はいろいろあると思いますが、BTSシーロム線のWutthakat(ウターカート)駅からローカル感漂うエリアを適当にフラフラ歩きながら、のんびり行くのがオススメです。

 

きっと、これで友達もバンコクが好きになってくれうはず!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. タイでの布の買い方
  2. pai 朝食界の新星がタイのセブンにやってきた!
  3. 年末年始の長期休暇、手元に現金がない! とならないための、ちょっ…
  4. スパンブリーの巨大なドラゴン
  5. sekrama9 天の国王陛下を偲んで。タイの人気アーティストたちが続々と追悼曲を…
  6. バンコクで刺身のさばき方を磨く

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP