曼谷シャワー

【曼谷シャワー】庶民の休暇 vol.374

名称未設定-1

夏のタイ帰省、ロッブリーの田舎に向かう車(ロット・トゥー)で、隣に座ってる小6息子が突然、「ママ、何か言った?」と。タイに来てから、バンコクのホテルにいるときや、フアヒンでプールに入っているときに、耳元で、男の人の声がしたという。

「それ、パパの亡くなったおじいちゃんの声じゃないの?」と私。歳をとった感じの声で、「アーアー」と短い言葉で、何を言っているかは聞き取れないことが数回あったらしい。

「それ、おじいちゃんが、孫に早く会いたいって言ってると思うから、パパに聞いてごらん」と、ヨードに「何だと思う?」と聞いてみると、即座に「親父の声かも」と。やっぱりというか、すごい! 私もタイ的発想が、いつのまにか身についていたのかと、変な感動。

しかも、プールに入っている時は文字らしきものが浮かんできて、それは3文字で、最初がアルファベットのEに似た文字で、あとは丸っぽかった、と。それ、ヨードのタイ語の名前?(ยอดのยも、手書きだとEっぽい)。ちなみに、うちの息子はタイ文字の読み書きがまったくできない。ちょっと鳥肌。

ところで、この日はタイの母の日、朝から帰省ラッシュでバスターミナルは激混み。14時半にロッブリーで兄にピックアップしてもらう約束が、ロッブリーについたのは15時半。しかも、兄はまだ出稼ぎ先からの出発前。ロッブリーに着くのは19時ぐらいになってしまうとか。ヨードの実家は、ロッブリーから、さらに車で30分のところ。

「じゃあ、今夜はロッブリーに一泊して、翌朝迎えに来てもらおう」とヨード。「いやいや、意味わかんない。ロッブリーでロット・トゥーに乗って村の入り口まで行けるんだし、そこから歩いて20分ぐらいなんだし、ロット・トゥーで行こうよ」と、私、娘、息子の3人で大反対してヨードの意見を却下。

ロット・トゥーを乗り継ぎ、村の入り口でお兄さんと合流でき、ようやく実家につき、おじいちゃんにお線香をあげ、帰省の報告。今、改めて書くと、ヨードの提案も悪くない気がするが、やっぱり、おじいちゃんが早く会いたいって呼んでいたのかな。

 


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【曼谷シャワー 】25年目の衝撃 vol.383
  2. 【曼谷シャワー】壁新聞作りの壁 vol.379
  3. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】自由に生きる vol.369
  4. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】日本でタイ式お正月 vol.365
  5. shower column logo 【曼谷シャワー】夢のある話 vol.356
  6. 【曼谷シャワー】ヨード、再就職 vol. 381

オススメ記事

  1. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  2. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中
  3. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP