曼谷シャワー

【曼谷シャワー】真夜中のドライブ vol.376

名称未設定-1

年末、泥酔したヨードが渋谷からタクシーで帰ってきたのは、もう5、6年前のこと(タクシーの中で目覚めるパターン)。代金1万6000円。しかも、1週間に2回。さすがにそれ以来、どんなに酔ってもタクシーには乗らず、大船駅で目覚めても、西国分寺のファミマで我に返っても、駅前で夜を明かし、始発で帰宅するようになっていた。

が、先月。中目黒で送別会と言っていたので、一応、夜11時に電話をしたら、「電話してくれてありがとう。今から帰る」というので、安心していたら、深夜1時半に電話があり「今、タクシー。もうすぐ家につく。財布に1000円しかないので、お金を用意しておいて」。まじか。

「メーターはいくら?」と聞くと、「5000円」。こっちだって、現金ないよ。ダッシュでコンビニに行くも、土曜深夜はATMが使えない。今、どこ? と電話をすると、「今、高速」と。メーターは1万円を超えたらしい。そこで、500円玉貯金箱からじゃらじゃらと取り出して、最終的に1万6000円と高速代を支払った(後で友人に、クレジットカードが使えると聞いた)。

で、そのお金は日々のレッスン代から返済。ようやく完済した先日、ジムの忘年会で渋谷に。夜10時に確認の電話を入れたのに、1時半に「今、水道橋の高架下にいる。電車がない。寒くて死にそう」と。

「タクシーはやめてよ」「寒い。迎えに来て欲しいけど、来るか来ないかは、あなた次第」「行かないよ」と電話を切って5分後。凍え死んでも後味悪いし、警察沙汰や、またタクシー帰宅するかと思うと、おちおち眠れない。

タイ人的にはお仕置きよりも恩を売ったほうがいいだろうし、ヨードのためというより、私の精神衛生上のためにも迎えに行こう!

「行ってもいいけど、いくらで雇う?」「2000円」「行かない」「1万1000円(なぜに半端な値段!?)」「OK」と交渉成立。

知り合いのタイ人ダンナを持つ日本人妻は、飲み会の日はどこでも送迎していると聞いて、ずいぶん面倒見がいいなーと思っていたが、ちょっと気持ちが分かってきた。

 


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】ハイソな休暇 vol.373
  2. shower column logo 【曼谷シャワー】夢のある話 vol.356
  3. 【曼谷シャワー】我が家の労働報酬 vol. 384
  4. 【曼谷シャワー】壁新聞作りの壁 vol.379
  5. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】値引きの極意!? vol.375
  6. 【曼谷シャワー】ヨード、 中間管理職になる vol. 385

オススメ記事

  1. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  2. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  5. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」

PAGE TOP