タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ ルアンペー (筏の家の米麺):100食目

Print

 

君と100回目の屋台

Yatai459-02

 

蒸し暑い夕暮れ時、ぼくはその店のご主人と川沿いの席に座っていた。一度で料理と雰囲気の虜になった店だ。

周囲は木々が生い茂り、木陰を吹き抜ける風が心地よい。細い運河の上に張り出した筏状のテラス席には座卓が並ぶ。

足元が掘りごたつのように開いており、爪先で水の感触も楽しめる。清涼感と静寂に包まれたこの店は、屋台価格で料理を提供してくれるオアシスだ。ビールを売っていないのが残念だが、代わりに冷たいハーブドリンクが喉を潤してくれる。

雰囲気と独創的な麺料理が特長のこの店、代表選手はクイティアオ・ソムタムだ。汁なし米麺とソムタムのフュージョン料理で、具だくさんだから食事にも十分なボリュームだ。

 

Yatai459-01

クイティアオ・ソムタム

 

同様のメニューでは、青いマンゴーを使ったクイティアオ・マムアンがある。ナムドークマイ種の香りに包まれた、間食にもぴったりな一皿だ。

そして、パヤースコン・ノーン・ナイ・スアンプルー。ハート型に盛り付けた可愛らしい麺料理だ。パヤースコンは豚の王、スアンプルーはプルーという豆(四角豆)を敷き詰めたもの、つまり四角豆の庭で寝る豚という意味だ。茹で卵と海老で飾り付け、中には甘辛い自家製唐辛子味噌とバミーが潜んでいる。

 

Yatai459-03

パヤースコン

 

最後は、1日1kgしか売らないという貴重なグリーンカレーだ。ペーストは、ラーチャブリー県出身の祖母のレシピで自家製。ローカル風のこってり甘めが良い。具材は鶏や豚、魚など日替わり。ご飯にもカノムジーンにもよく合う。

この独創性、いかがだっただろうか。連載100回目という記念すべき時は、安くてうまいだけではない、特別な店を紹介したかった。
100回、つまりこの8年間、食事に付き合ってくれてありがとう。どうぞこれからもお付き合いください。月イチで。

 

クイティアオ・ルアンペー

若き店主フルックさんが「筏の家」を意味する店を始めたのは約10年前。米麺とソムタムを組み合わせたのは、料理上手で遊び心のある父親のアイデアだそう。好みで調味料を足せる懐の深い汁なし米麺に、甘酸っぱいソムタムを合わせてみたら大成功。ソムタム入りは40B、マンゴー入りは45B、パヤースコン60B、グリーンカレー35B、そしてハーブドリンクは10B。この環境でこの値段、米麺同様に懐の深さを感じるよ。

DATA

時間:8時~16時 日休
電話:0-2844-2316、08-3921-4445

429yatai_map-cs4

 新着記事を読む 

関連記事

  1. sanae jan エレガントにタイ料理「サネー・ジャン」
  2. IMG_2910 大盛況の東タイ料理「Sri Trat」
  3. 【昼食】 おしゃれカフェで北タイ麺「aLL Six To Twe…
  4. ERR_1 工夫が詰まったタイ料理「ERR」
  5. ヤム・ソムオー (ザボンのピリ辛サラダ) 「Thara Thon…
  6. baan phadthai phad thai goong yang 本格タイ料理の姉妹店 パッタイ専門店が登場!

オススメ記事

  1. Green expert_A 最長5年! 驚きの抗菌・除菌力を実現する「グリーンエキスパート」
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  4. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP