タイ料理

パッタイ好きは必食 「Baan Phadthai」

IMG_1628

カニ入りパッタイ

 

19世紀半ばに建設されたジャルンクルン通りは国内でも指折りの古い道。数十年間時間が止まったような路地も多いエリアだが、最近は古いタウンハウスを改装したおしゃれな店が増えてきた。

昨年半ばにオープンしたこのパッタイ専門店もその一つだ。オーナーはなんとフランス人。タイ料理の鉄人の店として有名な「Issaya Siamese Club」などバンコクに4軒の飲食店を営むフレデリック氏が「自分の大好きなパッタイにこだわった専門店を」と出店を決めたとか。

築80年以上のタウンハウスを改装した店内はまさにレトロモダン。国内各地から買い付けたアンティーク家具と、真っ青な壁が絶妙な風情を出している。

 

IMG_1546

レトロモダンな内装

 

パッタイは全部で5種類。麺にはジャンタブリー県から取り寄せた「センジャン」という種類を使い、約20種類の食材を混ぜ合わせた特製ソースで炒めている。

イチ押しの「カニ入りパッタイ」は、大きなカニ肩肉がゴロゴロ入った一品。麺は一見やわらかいのに、噛み切ろうとすると妙な弾力がある。甘さ控えめで程よいしょっぱさや、脂っこくない口当たりもいい。

 

IMG_1606

ガイ・トート。カゴは田舎で鶏を飼う際、鶏にかぶせるカゴをイメージ

 

「ガイ・トート(フライドチキン)」はカラッと揚げた手羽中に、揚げたニンニク・コブミカンの葉、レモングラスがたっぷりかかっていて香り高い。

前菜の「ミアン・カナー(カイラン菜のおつまみ)」はオーガニックのカイラン菜を使用し、シャキシャキの食感がよかった。
歴史散歩の途中に寄ってみたい。

 

Baan Phadthai

11時~22時 無休
21-23 Soi 44, Charoen Krung Rd.
0-2060-5553~4、06-3370-0220
www.baanphadthai.com
カニ入りパッタイ280B、ガイ・トート190B、ミアン・カナー150B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【夕食】タイ料理の過去・現在・未来 「Siam Wisdom」
  2. outdoor 暁の寺を真正面に「Sala Rattanakosin」
  3. IMG_3660 鉄人譲りの創意工夫 「Leaf Thai Bistro」
  4. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】106食目:バミー・ ペット・ト…
  5. Baagadin01 伝統的かつ最先端 「BAA GA DIN」
  6. 1 イサーン料理×居酒屋のコラボ!? 「Raan-Keng」

オススメ記事

  1. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  4. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  5. 新たに4BRが登場! 日本人ファミリーのための“サービス付き賃貸住宅” 「ハーモニック レジデンス シラチャ」

PAGE TOP