タイ料理

【昼食】 おしゃれカフェで北タイ麺「aLL Six To Twelve」

コクうま! うどん・ナムギアオ

 

店名のとおり朝6時から深夜24時まで営業、朝昼晩にカフェ&バーとあらゆる利用に対応できて料金も手頃、というランスアンの人気店がスクムビット通りソイ39に新店舗をオープンした。これは行かねば!

 

新店舗は明るいグレーと濃いブルーを基調にした内装。壁は一部古ぼけたトタン板を使ったり、古新聞を塗り込んでいたりと独特の味を醸し出している。

 

 

メニューはランスアン店同様100B台のモダン・タイ料理が大半でとても安め。

その分アルコール類が高めなので、飲み会に利用すると意外に高くなりそう。逆に朝昼食なら気軽に利用できる。

 

そこで今回は朝昼向けのメニューをご紹介。

まずは「クリスピー・ローティ」。カリカリに揚げ焼きされた皮を噛み破ると、内側はふんわりした食感。

そしてにじみ出すバターの香り! 高級店のクロワッサンをカリカリにしたような一品だ。

 

バターが香る クリスピー・ローティ

 

一番気に入ったのは「うどん・ナムギアオ」。

バンコクでは珍しい北タイの麺料理「ナムギアオ」の麺をうどんに変えたもので、黒く濁った濃厚スープに豚のうま味がとけ出していて、うまし。うどんも意外とコシがあり、たべがいがあった。

 

ほかにもあれこれ試食させてもらったが、どれもお値段以上の味といえそう。

ぶらっと気軽に立ち寄れるお店が増えた。

 

aLL Six To Twelve

時間 6時~24時 無休

場所 G Fl., Boulevard A Bldg., Soi 39, Sukhumvit Rd.

電話 0-2160-0311

HP www.facebook.com/allsixtotwelve

料金 クリスピー・ローティ45B、ガイ・ナイ・ルアク(皮付き鶏唐揚げ)85B、うどん・ナムギアオ150B、ラーメン・カオソーイ120B、温泉卵とトースト75B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ちょっといいお店を発見してしまった@エム・クオーティエで南タイ料…
  2. 1 和とタイが織りなす、モダン・キュイジーヌ! 「Khao」
  3. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】バミー・ムーデーン(焼き豚のせ中…
  4. IMG_7750 食と音楽で癒されて「クルア・バンレン」
  5. 【 2/3(木)FOOD TRIP初回「Supanniga Ea…
  6. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】チェンマイ料理:103食目:

オススメ記事

  1. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】
  2. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  3. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  4. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  5. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?

PAGE TOP