虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】赤い砂山、バンコク都内にあちこち…いったいなぜ?vol.044

daco-kyokoh650x340

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

 

no.44 kyoko

ペッブリー通りで見つけた赤い砂山。高さは50センチほどだった

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

バンコク都内の路上や交差点で、近ごろ赤く塗られた砂を盛った砂山が相次いで見つかっている。市民からは「通行の妨げになる」との声も聞かれるが、山の数は増える一方だ。

バンケー区ペッチャカセーム通りの2カ所でも、高さ40センチと15センチ程度の赤い砂山がそれぞれ見つかり、歩行者や車が山にぶつからないよう避けながら通行していた。近くの住民によると、1週間ほど前、2人組の男女が何かを話し合いながら慎重に赤い砂を盛っていたという。

砂山の数は確認できただけでも都内で78カ所。中でもひときわ目立つのは西部郊外の空き地に作られている巨大な砂山だ。現場では連日数百台の工事車両が行き交っており、赤い山の高さはすでに100メートルを超えた。いったい何が起きているのか。

都庁に問い合わせたところ「道路工事です」と意外な答えが返ってきた。

ここ数年、都内の幹線道路では工事や地盤沈下による陥没事故が多発。都では陥没する恐れがある地点を発表して注意を呼びかけているが、事故が発生すると、復旧を終えるまでただでさえひどい交通渋滞が惨劇に発展しかねない。そこで10月から、陥没予測地点の真上にあらかじめ砂山を積み上げておき、沈下しても通行できる予防措置をとっているという。

都では現在、占い師10人に陥没の予知を委託。的中率は99%を超えており、ペッチャカセーム通りの砂山も数日以内に陥没して無くなる見込み。郊外に建設中の砂山は最終的に高さ200メートル程度になる予定で、来月にも完成する。

日本の福岡県で起きた道路陥没事故は記憶に新しい。委託占い師の1人は事故の2週間前、「砂を盛りに日本に行きたい。3カ所ほど」と話していたという。都庁は職員の派遣について「依頼があればいつでも」と前向きだ。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Yasothon-003 【虚構新聞バンコク版】タイ初、有人ロケット打ち上げへ 月面探査、…
  2. 【虚構新聞バンコク版】スウェーデンの空気、バンコクに到着 大気汚…
  3. kyoko 650x340 【虚構新聞バンコク版】渋滞もスルリ 空飛ぶ「Fトゥクトゥク」登場…
  4. 【虚構新聞バンコク版第】12+8=4?タイで緊急教員研修会 vo…
  5. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】サムイ島に屋外スキー場がオープン 国内初 …
  6. daco-kyokoh650x340 【虚構新聞バンコク版】コイキング求めて都内探訪 vol.041

オススメ記事

  1. 【バンコク・ラマ9世エリア】注目物件を聞いてみました <バンコクで2軒目の家探し> #01
  2. 本帰国前にゴッドハンド先生のお店で身体の状態をチェックすると、こんないいことがあるよ。【バンコク・リリーブクリニック】
  3. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画 vol.02>ちょいワル風イタリアンコーディネート
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入

最新のTHB-JPY

PAGE TOP